頭皮がカチカチに凝り固まって動かない!固い頭皮を改善する方法は?

image555

薄毛の人に多いのが、頭皮がカチカチに固くなり全く動かないという症状です。

この症状を放置すると、薄毛がさらに進行してしまう恐れもあります。

このページでは、頭皮の固さと薄毛の関係性や、固い頭皮を改善するための方法について解説します。

(photo by iota) 

スポンサーリンク

頭皮が固いと薄毛になりやすい理由とは

頭皮が固くなるのは、頭皮が何らかの原因で血行不良を起こしているものと考えられます。

頭皮が血行不良になると、毛根に十分な栄養が運ばれないため、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

薄毛というと、髪の毛の本数が減ってしまうことだと考えられがちです。しかし、実際には髪の本数が減るだけでなく、髪の毛が猫毛のように細くなることによっても頭髪全体のボリュームが失われてしまいます。

そもそも髪の毛は、毛母細胞が血液から栄養を得て、細胞分裂することによって作られていきます。しかし、頭皮が血行不良になってしまうと、毛根に十分な栄養が行き届かなくなります。

そのため、髪の毛が太くなるまで成長できず、細くて弱い髪の毛になってしまったり、早い時期に抜け落ちてしまいます。

薄毛はヘアサイクルの乱れによって起こる

image

髪の毛は、成長期退行期休止期というヘアサイクル(毛周期)を繰り返しています。髪の毛が生え始め、成長する期間が成長期です。成長期を過ぎると髪の成長が止まり、そして抜けていきます。

ヘアサイクルが1周する期間は、男性が3〜5年、女性が4〜6年程度です。

このようなヘアサイクルがきちんと回っている場合は、髪の毛は太くしっかりと成長していますので、薄毛にはなりません。

しかし、何らかの原因により、成長期が異常に短くなり、退行期に進むケースがあります。成長期が短いと、髪の毛が太くなるまで育たないため、細い髪の毛ばかりが目立つようになります。

また、しっかりと成長していないまま脱毛してしまうため、抜け毛を観察すると細い髪の毛が多くみられるようになります。

詳しくは、髪の毛が細くなったら女性でも薄毛予備軍に!髪を太くする方法とは?をご参照ください。

なぜヘアサイクルの成長期が短くなるの?

髪の毛が細くなってしまうのは、ヘアサイクルの『成長期』が通常より短くなることで、十分に成長できないまま抜け落ちてしまうからです。

では、なぜヘアサイクルの成長期が短くなってしまうのでしょうか?

その原因の一つとして、頭皮の血行状態の悪化が考えられます。

頭皮の血行状態が良ければ、血液を通して毛根にたっぷりと栄養を送ることができます。十分な栄養が運ばれることによって毛母細胞の細胞分裂も活発になっているため、髪の毛を太くしなやかに成長させることができます。

しかし、頭皮の血行状態が悪ければ、十分な栄養を毛根まで運ぶことができません。すると、少ない栄養で髪の毛を維持するために成長期が短くなり、すぐに退行期まで移行してしまうのです。

固い頭皮は血行が悪くなっている!

頭皮がきわめて固く、動かないという場合、頭皮の血行状態が非常に悪化している可能性があります。

また、頭部の筋肉が凝り固まっていたり、頭頂部が突っ張っているため、頭皮をほとんど動かすことができません。この状態が続くと、髪だけでなく頭皮自体の老化が進んでしまう恐れもあります。

特に固くなりやすいのが前頭部や頭頂部です。そのため、前髪が少なくなる分け目が広がるつむじが薄くなるなどの症状が出やすくなります。

頭皮の血行不良は、女性の薄毛『びまん性脱毛症』を引き起こす原因の一つとも言われています。そのため、既に進行してしまった薄毛を改善する場合にも、頭皮の血行を改善することが重要な課題となります。

頭皮が固くなる原因

image562

頭皮の血行が悪化し、固くなってしまう原因には、自律神経の乱れ、ストレス、肩こり、眼精疲労、冷え性などがあります。

①自律神経の乱れ

自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、これによって内臓を動かしたり、体温調整などを行うことができます。

ストレスや生活習慣の乱れなどによって自律神経のバランスが崩れてしまうと、交感神経ばかりが働くようになります。交感神経が働くと、筋肉が硬直し、末梢血管が収縮するため、身体の隅々にまで血液が行き届かなくなります。そのため、頭皮に十分な血液が回らず、頭皮が固くなる原因となります。

頭皮に十分な血液が行き届かなくなると、毛根が栄養を吸収できなくなります。その結果、毛母細胞が弱体化したり、細胞分裂が減少し、抜け毛や細毛を引き起こしてしまいます。

自律神経が乱れると抜け毛が増えるのはどうして?対処法は?

②ストレス

ストレスも頭皮が固くなる原因の一つです。ストレスは自律神経に密接に関係しています。過度なストレス状態にある場合、交感神経が強く刺激されるため、自律神経の乱れにつながります。

また、ストレスを受けていると胃や腸などの消化器官の働きが低下します。それによって栄養の吸収率が低下するため、栄養状態の悪化につながることがあります。

③肩こり

肩こりが酷くなると、頭皮への血流は悪化します。頭は首、肩、背中の筋肉で支えていますので、この部分の筋肉は通常時から緊張状態にあります。そこに、デスクワークや猫背などの要因で、さらに負担をかけてしまう事によって、筋肉に疲労が貯まり凝り固まってしまいます。これが肩こりの原因となります。

肩こりを発症すると、肩から首にかけての筋肉が凝り固まってしまいます。すると、肩や首を通る血管が圧迫され、頭部までうまく血液を運べなくなります。これによって、頭皮への血流が不足し、頭皮が固くなる原因となってしまうのです。

④眼精疲労

眼精疲労になるほど目を酷使している場合は、目の周りの筋肉(眼輪筋)が疲労により硬化しています。目の周りの筋肉に連動しているのが首や肩の筋肉です。眼精疲労においても、目の筋肉が首や肩と連動していることによって、それらの筋肉が硬化し、頭皮への血行が悪くなることで、頭皮が固くなる原因となってしまいます。

⑤冷え性

女性特有の症状として、冷え性にも注意が必要です。身体の先端部分が冷たくなり、血流が悪化する冷え性により、頭皮の血行も悪化してしまいます。

人間の体は、血管の伸縮によって熱の発散を調整しています。寒い時期は、毛細血管を収縮させて血流を鈍くさせることで、熱の発散を防いでいます。しかし、冷え性の場合は寒い時期に限らず、1年を通して先端の冷えや血行不良の症状が出ることがあります。

冷え性によって全身の血流が悪くなると、それに伴い頭皮も固くなってしまいます。

固くなった頭皮の改善方法

image

固くなった頭皮を改善するには、頭皮の血行を良くする必要があります。血行が良くなれば、血液によって運べる栄養も増えますので、毛周期が回復します。では、どのようにして固くなった頭皮を改善するのか、その方法についてご説明します。

①頭皮マッサージ

最も簡単に行える改善方法が、自分自身の手で行う頭皮マッサージです。目的は、頭皮の血行を改善するためですので、大きな血管から小さな血管に向かって改善していく必要があります。

髪の毛の薄くなっている部分だけをマッサージされる方がいますが、最も大きな血管が圧迫されて血行が悪くなっているにも関わらず、毛細血管である頭皮のみをマッサージしても改善効果は得られません。

まずは、首の付け根から髪の毛の生え際にある血管の意識し、そこから上へとマッサージします。そこから徐々に頭頂部に向かってマッサージしていきます。

次に、こめかみ付近にも血管がありますので、こめかみから頭頂部に向かって上へとマッサージしていきます。これによって血管を圧迫していた筋肉の凝りがほぐされ、血行が良くなります。

オイルマッサージ

ハンドマッサージにオイルを利用できると、さらに改善効果が期待できます。特に、抗酸化力が強いホホバオイルを使用することで、固まった頭皮を柔らかくすると同時に頭皮の毛穴に詰まった酸化した皮脂を落とすことができますので、さらに薄毛や抜け毛の改善につながります。

②半身浴

血流を改善するために効果的な方法が半身浴です。ぬるめのお湯に40分ほどゆったりとつかることで、全身の毛細血管が拡張し、血行が良くなります。ぬるめのお湯にはリラックス効果があるため、副交感神経が優位になり、ストレス解消にも効果的です。

お湯の温度は38℃から40℃くらいに設定しましょう。熱いお湯につかると一旦は血行が良くなりますが、交感神経が刺激されるため、すぐに血管が収縮して身体が冷えてしまいます。

③炭酸シャンプー

炭酸シャンプーには、血管拡張作用抗酸化作用があります。固くなった頭皮による薄毛や抜け毛にお悩みの方におすすめです。

現在では高濃度炭酸の含まれたシャンプーも販売されているので、ご家庭でサロン並みの頭皮ケアを行うこともできるようになっています。炭酸シャンプーを行う際には、マッサージや指圧を行うと、さらに効果が期待できます。

詳しくは、炭酸シャンプーの効果とは?美容師直伝・自宅でできる炭酸ヘッドスパ方法をご参照ください。

薄毛を予防・改善するために

固くなった頭皮を改善するためには、普段から規則正しい生活習慣を実践し、適度な運動を行うことで全身の血行を良くすることが大切です。

また、髪の毛に必要な栄養素をしっかりと摂取し、毛根に十分な栄養が行き渡るように毎日バランスの良い食事をとることも必要。

すでに抜け毛が増えてしまったり、既に薄毛が進行している場合には、症状が悪化するまえにできるだけ早く治療をはじめましょう。

固くなった頭皮は栄養状態も悪化しています。そのため、毛根が痩せ細ったり、毛母細胞が弱体化することで薄毛が進行してしまいます。

栄養状態が悪化した頭皮を改善するためには、育毛剤の使用が効果的です。育毛剤には育毛・発毛成分が含まれているため、頭皮に塗布することで毛根に直接作用します。薄毛が進行している場合には、育毛剤と同時に育毛サプリメントを摂取するのがおすすめです。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について
育毛剤を使っても効かない・抜け毛が増えてしまう場合の原因と対処法
前髪が少ないと感じたら薄毛のサイン!自力で増やす方法は?
髪がはげてきた!?女性に多い分け目ハゲの原因と対処法

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク