抜け毛が止まらない!40代女性に多い薄毛の原因とは?本当に役立つ対策・治療法を教えて!

image

40代女性にとって、髪の悩みは切実。

分け目が広がっているように感じたり、 髪のボリュームが減っていることに気づいてショックを受けることも…。

老化現象だから仕方がないと諦めてはいませんか?

安心してください。実は、女性の薄毛はほとんどの場合、改善させることができます

ただし、症状が進行してしまうと回復させるまでに長い時間がかかりますので、できるだけ早く治療を始める必要があります。

今回は、40代女性の薄毛の原因と、様々な治療法や対処法について詳しく解説します。では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代女性が薄毛になる原因は『ホルモンバランスの崩れ』

40代女性の抜け毛は、ホルモンバランスの崩れが主な原因の一つとされています。

頭皮や毛根の老化ではなく、女性ホルモンの分泌量が減ることによる影響なのです。

40代はホルモンバランスが崩れやすい年代

40代になると、薄毛に悩む女性が一気に増加します。その大きな原因となるのが、ホルモンバランスの崩れです。

女性は、生まれてから年齢を重ねるごとに、女性ホルモンによるターニングポイントが存在します。

10代の思春期には初潮を迎え、女性ホルモンの分泌が徐々に増えていきます。20代から30代で分泌量がピークを迎え、35歳頃から少しずつ卵巣機能が衰え始めます。それに加え、妊娠・出産によっても女性ホルモンの分泌量は大きく変化します。

女性の健康や美容は、女性ホルモンの分泌に影響されていると言っても過言ではありません。

40代は、それまで少しずつ減少していた女性ホルモンの分泌が、一気に下降していく時期です。このようなホルモンバランスの崩れによって、女性の心と身体の健康は不安定になりがちです。

閉経前後の10年間を更年期と言いますが、更年期に入る前であっても様々な不調を感じている人が多いようです。40代前半頃から更年期に入るまでの期間をプレ更年期と呼ぶこともあります。

髪の成長には女性ホルモンが深く関わっている

女性ホルモンの一つであるエストロゲンには、髪の毛を美しく保つ働きがあります。

エストロゲンが多く分泌されている間は、コシのある太くしなやかな髪の毛が生えてきます。また、髪の毛の成長期が長くなり、抜けにくくなります。そのため、髪全体のボリュームも多くなります。

妊娠中には髪の毛の量が増えると感じる人が多いようです。しかし、出産するとエストロゲンの分泌が減少するため、一気に抜け毛が増加します。産後抜け毛が起こるのはこのためです。

40代女性の薄毛は『びまん性脱毛症』の可能性大!どんな病気?

40代女性の薄毛の症状は、びまん性脱毛症の可能性があります。

びまん性脱毛症は、髪の毛が全体的にまんべんなく薄くなる脱毛症のことで、女性患者の割合が多い症状です。

男性型脱毛症(AGA)の場合、いわゆるM字ハゲやU字ハゲ、てっぺんハゲのように生え際や頭頂部の髪の毛が失われてしまうのが特徴ですが、びまん性脱毛症では髪の毛が薄くなることはあっても、全て無くなってしまうことはありません。

ただし、びまん性脱毛症であっても人によっては頭頂部の髪が特に薄くなりやすいケースがあります。分け目が広がったり、前髪の量が少なくなることで症状に気づく人も多いようです。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の主な原因として挙げられているのが、ホルモンバランスの崩れ頭皮の血行不良です。

女性ホルモンには髪の毛を太く美しく保つ働きがあります。これに対し、男性ホルモンには髪の毛の成長を阻害する作用があります。

女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの影響が強まると、髪の毛は太く成長することのないまま早期に抜け落ちます。このような症状が進行すれば、健康的な太い髪の毛は徐々に減っていき、生まれて間もない細い髪の毛ばかりが残ることになります。

髪の本数が減るだけでなく、髪自体が細くなるため、髪の毛が全体的にボリュームダウンしてしまいます。

中には、地肌が透けて見えるほどに薄毛が進行してしまうケースもあります。

ヘアサイクルが短くなると薄毛が進行する

image

髪の毛は、成長期・退行期・休止期というヘアサイクルの中で生え変わりを繰り返しています。

女性の場合、髪の成長期は4〜6年程度と言われています。

しかし、びまん性脱毛症になると髪の成長期が短くなります。酷くなると、数ヶ月〜1年以内に抜け落ちてしまうこともあります。

毎年秋になると大量に抜け毛が出てしまうという方はいませんか?

秋に抜け毛が増えるのは動物としての名残で正常なことですが、あまりにも抜け毛の量が多い場合、髪の毛が1年周期で抜け落ちている恐れがあります。

ヘアサイクルが短くなれば髪のボリュームは減っていき、次第に薄毛が進行してしまいます。

びまん性脱毛症は治る?治療法や改善対策は?

びまん性脱毛症は、正しい治療を受けることで改善させることができます。

まずは、食事や生活習慣をしっかりと見直し、ストレスを溜め込まないように気をつけましょう。また、栄養をたっぷりと摂取し、十分に睡眠をとるようにしましょう。

髪のために摂取したい食品

女性の場合、男性と比べて栄養不足・ミネラル不足に陥りやすい傾向があります。髪に必要な栄養が不足すると薄毛につながってしまいますので、意識的に栄養を摂取しましょう。

大豆製品

image

納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品には大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た化学構造を持っており、植物性エストロゲンとも呼ばれます。女性ホルモンが減っていく40代女性にとってはぜひ摂取したい食品です。

大豆イソフラボンアグリコンを摂取すると、DHEAが増加するとの報告があります。これは若返りホルモンとも呼ばれ、エストロゲンを作る材料にもなります。

また、大豆製品には多くの植物性タンパク質が含まれています。タンパク質は髪の毛の主な材料となりますし、髪の毛の土台となる頭皮を作る材料にもなります。

マグロ・カツオ

image

髪の毛の成長にとって動物性たんぱく質やミネラルの摂取は不可欠です。しかし、年齢を重ねると、脂肪分の多い牛肉や豚肉はなかなか摂取しづらいかもしれません。

そんな方におすすめなのが、マグロやカツオなどのサバ科のお魚。ビタミンB6が多く含まれており、エストロゲンの代謝に役立つとされています。

また、マグロやカツオにはDHAやEPAが豊富に含まれています。これらの成分は中性脂肪の減少や血液サラサラ効果があると言われています。

頭皮の血行不良も薄毛の原因の一つ。年齢を重ねるごとに代謝が悪くなりますので、40代以降はお肉よりもお魚を摂取していきましょう。

紫外線対策をする

紫外線によるダメージが皮膚を老化させるということは、すでに多くの方がご存知でしょう。

紫外線は、細胞を損傷させます。頭皮が紫外線を受けた場合、毛母細胞メラノサイトが損傷します。このようなダメージの蓄積によって、白髪や抜け毛が増加する恐れもあります。

紫外線は1年中降り注いでいますので、UVケアは欠かさずに行いたいものです。外出の際には、日傘や帽子、頭皮用の日焼け止めなどを活用しましょう。

育毛剤を使う

自宅で治療を行う場合には、女性用育毛剤を使用してください。厚生労働省の認可を受けている医薬部外品の記載があるものを選ぶようにしましょう。

女性用育毛剤には、育毛成分だけでなく保湿成分が含まれているものも多いので、エイジングケアにも最適です。

当サイトでは、女性用育毛剤のレビューを行なっています。においの少ないもの、浸透率の良いもの、成分の数などをデータ化していますので、ぜひ育毛剤選びの参考にしてみてください。

⇒ 女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

育毛外来で治療する

病院で治療を受けたい方は、皮膚科か育毛外来を受診しましょう。例外を除き、保険適用はありませんので、自費診療となります。

育毛治療は病院によって治療費が大きく異なります。クリニックが自由に価格を決められるので、高額になりがちです。サイトに治療費が掲載されているクリニックを選ぶと安心です。

記載されている料金以外に治療費がかからないかどうかもしっかりと確認しておきましょう。

東京ビューティークリニック

image
東京ビューティークリニックは女性専門の薄毛治療クリニックです。現在、銀座院、渋谷院、新宿院、大阪梅田院、福岡院、札幌院、名古屋院を展開しており、それぞれの院で専門的な薄毛治療を受けることが出来ます。

月額7000円から治療を受けることができるのは大きな魅力。

東京ビューティークリニックでは、一つ一つの治療に明確な料金を設定し、不明瞭な料金の幅を持たせないように徹底しています。

まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

40代女性におすすめの育毛剤を3つご紹介!

現在、たくさんの種類の女性用育毛剤が出ています。どれを選んでいいのかわからないという方のために、40代女性におすすめの女性用育毛剤を3つご紹介します。

※こちらでご紹介する育毛剤は、すべて当サイトが実際に使用し、においやテクスチャを確かめています。また、含まれている育毛成分や浸透率などについても比較しています。

① ベルタ育毛剤

belta
当サイトが実際に試してみたレビューはこちら⇒ ベルタ育毛剤のレビュー・体験記 3ヶ月使用の効果は?【写真あり】

40代女性に最もおすすめなのがベルタ育毛剤です。

育毛剤には珍しい、美容液のようなリッチな使い心地。しっとりとしていますが、乾くとサラサラになります。

成分数は業界最大級の56種類。成分はナノ化されているので、頭皮への浸透も◎

② マイナチュレ

image1

当サイトが実際に試してみたレビューはこちら⇒ マイナチュレ無添加育毛剤のレビュー・体験記【写真あり】

さらっとしたテクスチャでさっぱりとした使い心地です。

ノズルが少し使いづらく、液だれしやすいのが難点。

成分数は約30種類。成分のナノ化はされていません。

③ 薬用ハリモア

image1

当サイトが実際に試してみたレビューはこちら⇒ 薬用ハリモアのレビュー・体験記【写真あり】

ハリモアは、ベルタやマイナチュレとは異なり、香りのある育毛剤です。

漢方のような香りでやや癖があります。好みが分かれるかもしれません。

成分数は約40種類。成分はナノ化されているので、頭皮への浸透は◎

育毛剤は同じものを半年以上使うこと

育毛剤をたった1本使っただけで、『全然効果がない!』とやめてしまっていませんか?育毛剤は短期間で効果がわかるものではありません。

髪の毛は、一旦抜けてから再び生えてくるまでに3ヶ月〜6か月ほどの期間を要します。つまり、育毛剤は最低でも半年は使い続けて様子を見ていく必要があるのです。

育毛剤と育毛サプリ、どちらがおすすめ?

育毛剤と育毛サプリがありますので、どちらを使うべきか迷う方もいるかもしれませんね。

育毛剤は、頭皮の気になる部分に直接塗布しますので、育毛成分がダイレクトに毛根に届きます。そのため、効果が目に見えて分かりやすいです。

育毛サプリは、育毛に必要な成分や美容成分が含まれており、体内から取り込むという形になります。吸収した成分は、血液に含まれ、全身に運ばれます。髪に必要な栄養素を継続的に摂取することで、髪が生えやすい体質になることを目指します。

ただし、育毛剤は医薬部外品という位置付けであるのに対し、育毛サプリは健康食品という位置付けです。

薄毛の治療を行うなら、まずは育毛剤を使って頭皮の状態を整えることが大切。その上で、様子を見ながら育毛サプリを試してみるのが良いでしょう。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

女性の薄毛を促進させる様々な原因

ホルモンバランスの崩れ以外にも、女性の薄毛を進行させる様々な原因があります。

びまん性脱毛症の治療費や治療方法に関しては、『びまん性脱毛症(FAGA、女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について』でも詳しくご説明しています。あわせてご覧ください。

ストレス

ストレスにより抜け毛や白髪が増加するのは事実です。しかし、ストレス源が解消しても、自然に髪の状態が回復するわけではありません。抜け毛がひどい場合には育毛治療が必要です。

ストレスが原因で抜け毛が増加するメカニズムと対処法

栄養不足

ダイエットによる栄養不足で髪の毛が抜けることがあります。

過度のダイエットや偏食でハゲる!?女性の薄毛白髪の原因に栄養不足

欠乏症

ある特定の栄養素が著しく不足すると、欠乏症を引き起こし、様々な症状が現れます。白髪や抜け毛、髪質の悪化などを引き起こす欠乏症については以下のページをご覧ください。

▼ 亜鉛欠乏症について

亜鉛不足が女性の薄毛の原因に 亜鉛欠乏症の症状とは?サプリは効く?

▼ 鉄欠乏性貧血について

鉄分不足で髪が抜ける!?鉄欠乏性貧血が女性の薄毛の原因に

▼ 銅欠乏症について

白髪が増えるのは銅不足が原因?銅欠乏症の症状と対処法

▼ パントテン酸欠乏症について

抜け毛や白髪が増加する恐れも パントテン酸欠乏症の症状と対処法

▼ ビオチン欠乏症について

ビオチン不足が原因で白髪や抜け毛が増加!ビオチン欠乏症の改善方法とは

アレルギー

金属アレルギーで大量に髪の毛が抜けた事例があります。

銀歯でハゲる!?金属アレルギーが円形脱毛症や白髪の原因となる恐れ

甲状腺の病気

女性の場合、甲状腺の病気で髪の毛が抜けてしまう事例も少なくありません。特に20代後半から40代の女性に多いようです。

甲状腺機能低下症による女性の薄毛 症状と治療法について

橋本病(慢性甲状腺炎)の症状と治療法  薄毛・抜け毛の対策は?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク