産後の抜け毛が止まらない原因は?いつからいつまで続くの?

image194

妊娠・出産という過酷な経験を終えて、ほっと一息ついたころ、突然産後の抜け毛は始まります。大量の抜け毛に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

  • 出産から何ヶ月経っても抜け毛が止まらない
  • 驚くほどの大量の抜け毛があって怖い
  • 一度に数百本抜けるときもある
  • このままハゲてしまうのではないかと心配
  • 出産後、髪のボリュームが明らかに減ってしまった

産後の抜け毛は、『髪が抜けるほど頑張った』という証でもあります。これからは少し一休みして、身体を労ってあげましょう。

このページでは、産後に髪が抜けてしまう原因と、今後の薄毛予防のための対策について解説しています。

スポンサーリンク

産後の抜け毛・薄毛が起こる原因とは?

過酷な妊娠と出産という経験を経たあと、母親の身体には大きな変化が起こっています。妊娠前と産後では体質が完全に変わってしまったという女性は少なくありません。

出産後の女性が抱く体質変化の悩みの一つとして、産後の抜け毛・薄毛があります。なぜ、産後に大量の髪が抜けてしまうのでしょうか?

エストロゲンの減少

エストロゲンは、女性ホルモンの一つです。妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんを育てる身体を作るために、エストロゲンの分泌量が徐々に増加します。妊娠中の女性の乳房が大きくなるのもエストロゲンの増加によるものです。

ところが、出産後はホルモンバランスが大きく変動し、エストロゲンの分泌が急激に低下します。エストロゲンには、髪の毛を成長させたり、コラーゲンの生成を促進させる効果もあります。そのため、エストロゲンが減少すると、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

プロゲステロンの減少

プロゲステロンも女性ホルモンの一つで、髪の毛の成長に関わっています。エストロゲン同様に、産後に分泌が低下するため、産後の抜け毛の一因となっています。

母体の体力の消耗・ストレスなど

妊娠・出産により、母体は体力を消耗します。それに加え、産後にも育児や授乳で体力的に消耗しています。睡眠不足などが重なると疲労回復もできないため、休まるときがありません。

また、初めて出産した女性の場合は、なれない育児で精神的にもストレスを受けることになります。

このような体力的消耗・精神的なストレスも、産後の抜け毛の大きな原因になっていると考えられます。

産後一過性甲状腺機能低下症

出産後、一時的に甲状腺機能低下症を発症することがあります。甲状腺機能低下症を発症すると、頭髪が薄くなることがあります。

身体がだるく疲労感が取れない、皮膚や頭髪の乾燥、冷え性、身体のむくみ、記憶力・集中力の低下などの症状が見られたら、甲状腺機能低下症の可能性があります。心当たりのある方は、早めに甲状腺専門医の診察を受けましょう。

産後の抜け毛はいつからいつまで続く?

産後の抜け毛はいつからいつまで続くのでしょうか?

人によりますが、産後の抜け毛は出産の2ヶ月後から半年ほどの間に起こることが多いようです。産後のホルモンバランスの崩れが落ち着き、女性ホルモンの量が正常になると、産後の抜け毛も自然におさまります。

また、産後の抜け毛がおさまる時期は、ヘアサイクルのメカニズムも関係しています。

産後、髪の毛が一気に抜け落ちると、その毛根は休止期に入ります。休止期というのは、『髪の成長が止まり、新たに生え変わるまでの期間』のことで、大体3〜5ヶ月程度とされています。つまり、理論的には、髪の毛が抜けてから3〜5ヶ月ほどで新しい髪の毛が生えてくるということになります。

image

産後の抜け毛を早く治すにはどうすればいいの?

産後の抜け毛は出産後2ヶ月から半年ほどの期間に起こりますので、その期間が経過すれば髪の毛は自然に回復します。

産後の抜け毛をできるだけ早く治すためには、しっかりと栄養をとることが大切です。また、ストレスをためすぎないように、毎日をリラックスして過ごすことも必要です。

睡眠を確保する

子育て中は難しいことかもしれませんが、できるだけ無理をせず、睡眠をとるようにしましょう。髪の毛の成長には睡眠が大きく関わっています。人は睡眠時に成長ホルモンが分泌されるため、睡眠時間が不足すると、髪の毛の成長の妨げとなってしまうのです。

ホルモンバランスを整える食品を食べる

産後の抜け毛はホルモンバランスの崩れが原因です。ホルモンバランスを整えるために、女性ホルモンの分泌を増やす作用のある食品を意識して食べるようにすると良いでしょう。

納豆・豆腐・大豆

女性ホルモンによく似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

マグロ・カツオ・レバー

ホルモンバランスを整えるビタミンB6が含まれています。

アーモンド・クルミ・ピーナッツ

エストロゲンの分泌を促すボロンが含まれています。

キャベツ

エストロゲンの分泌を促すボロンが含まれています。

アボカド・かぼちゃ

ホルモンバランスを整えるビタミンEが豊富に含まれています。

ストレスをためすぎない

精神的・肉体的ストレスは、髪の毛が抜ける大きな原因の一つです。

精神的ストレスがは、様々な形で肉体にあらわれます。女性の場合、一日中家事や育児などに追われ、休まる時間がないという方も多いのですが、一人で全てを抱え込まず、無理をしないようにする必要があります。

頼れる人がいる場合は遠慮せずに誰かに頼る、困ったことがあれば誰かに相談する、たまには息抜きをするということも心と身体のバランスを保つためには大切なことです。

半年以上経っても産後の抜け毛が止まらないときは?

一般的には、産後の抜け毛は数ヶ月で治まります。しかし、半年以上経つのにいつまでも抜け毛がおさまらないという場合、ホルモンバランス以外の要因も絡んでいる可能性があります。

育児疲れストレス栄養不足、睡眠不足等の要因も考えられますが、いくら規則的な生活を送り、健康的な食事をしても、どうしても抜け毛がおさまらないという方もいます。

そのような場合、産後の体質変化の可能性もあります。

例えば、以前は好きだった食べ物が苦手になったり、アレルギーが出るなど、急に体質が変化してしまうことがあるのです。

  • ストレートで艶のある髪が、うねりのある艶のない髪に変化した
  • 髪の毛は多い方だったのに、スカスカの薄毛になってしまった
  • 黒髪から色素の薄い茶髪に変化し、白髪が増えた

産後、このような髪質の変化が起こるのは珍しいことではありません。

産後の抜け毛は一時的な症状といわれていますが、人によってはそのまま薄毛体質になってしまう可能性もあります。あまりにも抜け毛が酷い場合は、早めに対処することが大切です。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク