頭皮の毛穴に角栓(コメド)が詰まってしまうときの原因と対処法

image

あなたはこのような症状でお悩みではありませんか?

  • 頭皮を掻いたときに、爪に白っぽい塊がこびりつく
  • 頭皮に角栓が詰まっている
  • 何度シャンプーをしても、毛穴に詰まった皮脂が取れない

頭皮の毛穴に角栓が詰まると、周囲に不潔な印象を与えてしまうだけでなく、頭皮環境が悪くなり、発毛・育毛に悪影響をおよぼしたり、様々な病気やトラブルの原因となる恐れがあります。

症状が悪化する前に、できるだけ早く原因に沿った対策を行う必要があります。

このページでは、頭皮に角栓(コメド)が詰まる原因と対処法について解説します。

毛穴に詰まる角栓って一体何?

そもそも、角栓の正体とは一体何なのでしょうか?

角栓とは、毛穴から分泌される皮脂や角質が固まってできるもので、角栓様物質とも呼ばれます。皮脂が分泌されたばかりのときはまだ柔らかいのですが、時間が経つにつれて粘性が高くなり、洗い流すのが難しくなっていきます。最終的には固い角栓に変化します。

頭皮の毛穴に角栓が詰まりやすい人は、皮脂量が多く、髪の毛がべとつきやすい傾向があります。

角栓が毛穴に詰まると毛根を塞いでしまうため、毛根が圧迫され、髪の毛が育ちにくい環境になってしまいます。角栓が薄毛の直接的な原因となるわけではありませんが、古い皮脂や角栓が毛穴に詰まっているという不潔な頭皮環境は、育毛や発毛に悪影響を与えます。

角栓によって生じる可能性がある頭皮への悪影響とは

毛穴に詰まる角栓を放置すると、様々な頭皮トラブルの原因になる可能性があります。

頭皮が臭くなる

毛穴に角栓が溜まると、次第に酸化し、チーズのような発酵したにおいが強くなります。時に、周囲の人に不快感を与えるほど強烈なにおいを発することもあります。

頭皮が不潔になる

毛穴に角栓が溜まった状態が続くと、頭皮環境を著しく悪化させます。古い皮脂や角質は皮膚常在菌(カビ)が異常繁殖してしまう原因ともなります。

頭皮ニキビ・吹き出物・脂漏性皮膚炎の原因となる

皮膚常在菌は元々私たちの頭皮に存在するものですが、異常繁殖すると人体に害を及ぼすようになります。主な症状としては、以下のものがあります。

これらの症状は、一旦生じるとなかなか完治せず、小康状態と悪化を繰り返すことがあります。

頭皮ニキビ

頭皮ニキビができる原因は、皮脂の分泌が増加し、毛穴が詰まることで、毛穴に潜むアクネ菌が増殖して頭皮が炎症を起こすためです。

アクネ菌は空気に触れるところでは生きられないため、普段は毛穴の奥に存在しています。しかし、毛穴に皮脂や角栓が詰まると、それを餌に増殖をするため、頭皮ニキビが悪化してしまいます。

詳しくは以下のページをご参照ください。

頭皮ニキビができる原因とメカニズム 家庭での予防・改善方法とは
色で分かる頭皮ニキビの状態と症状・ニキビ跡を残さないための処置方法は?

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、根治できない皮膚炎の一つで、皮膚常在菌であるマラセチア菌(カビ)の異常繁殖によって引き起こされます。

image
(脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌)

image4
(脂漏性皮膚炎により炎症を起こしている頭皮)

脂漏性皮膚炎の症状には、以下の特徴があります。

  • 湿り気のある大きなフケが出る
  • 爪で引っ掻くと、爪の間にロウ状のフケが詰まる
  • 瘡蓋(かさぶた)がなかなか治らない

脂漏性皮膚炎は、一旦症状が出ると、一生治ることはありません。できるだけ症状が悪化しないように、常に頭皮を清潔に保ち、ケアしていくことが大切です。

詳しくは脂漏性皮膚炎の治療法に関するページをご参照ください。

抜け毛が増える・薄毛になる

毛穴に溜まった角栓は、髪の毛の成長を阻害します。圧迫された毛根の周辺が血行不良を起こすと、髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、髪が細くなったり、抜けてしまうこともあります。

毛穴に角栓が詰まらないようにするための対処法

毛穴に角栓がつまらないようにするためには、食事や生活習慣を変える必要があります。遺伝により皮脂分泌が多い場合でも、適切なケアを行なうことで分泌量をコントロールすることが可能です。

健康的な食事

人の身体は食べるものによって作られます。したがって、バランスの良い食生活を送るのが最も大切です。動物性タンパク質・植物性タンパク質とビタミン・ミネラルを摂取することで、髪の毛の元となるアミノ酸をしっかりと吸収することができます。

脂質を抑える作用のある栄養素には、ビタミンB2・B6があります。不足すると、肌荒れや炎症を起こしやすくなったり、皮脂の分泌が増加しやすくなります。ビタミン豊富な緑黄色野菜をたっぷりと食べるようにしましょう。

皮脂の分泌を増やす食品

皮脂の分泌を増やしやすい食品は以下の通りです。過剰摂取には注意しましょう。

  • 揚げ物などの油分の多い食品
  • カップ麺などの加工食品
  • アルコール
  • 刺激の強い食べ物
  • 辛い食べ物
  • 脂質・糖分・炭水化物

規則正しい生活習慣

皮脂の分泌異常は、自律神経の乱れによって引き起こされている場合があります。自律神経を正常に保つためには、規則正しい生活習慣を送るのが大切です。

特に大切なのが、睡眠です。早寝早起きをすることで、生活のリズムを取り戻し、自律神経を正常に保ちます。また、質の良い睡眠を取ることでストレスを解消し、身体機能を正常化することができます。特に夜10時から深夜2時の間に最も成長ホルモンが分泌されるといわれています。この時間帯には睡眠中であることが望ましいとされています。

正しい髪の洗い方の実践

角栓が詰まる場合、髪の洗い方が不十分である可能性があります。正しい髪の洗い方を実践してみましょう。

髪の毛を洗う前に、あらかじめブラシで汚れを落としておく

整髪料などで固まった髪の毛をほぐし、髪表面の汚れを落としておきます。そうすると、次の行程で髪の根元にしっかりとお湯が届くようになります。

お湯でじっくりと髪の汚れを洗い流す

お湯で頭皮を温め、皮脂汚れや整髪料を洗い流します。頭皮を温めることをおろそかにすると、いくらシャンプーをしても毛穴の奥の皮脂が溶けず、頭皮を清潔に保つことはできません。

頭皮を5分ほど湯船につけて皮脂や角質を柔らかくしておくと、さらに汚れが落としやすくなります。また、頭皮の血行が良くなるため、新陳代謝が活発化し、ヘアサイクルや皮脂分泌の正常化も期待できます。

シャンプーは少量を泡立てて使う

シャンプーを大量に使うと、頭皮の汚れは一時的に落とせたように感じます。しかし、強すぎる洗浄で皮脂を落とすと、頭皮が乾燥するため、それを補うためにより多くの皮脂が分泌されるようになります。そうすると皮脂の過剰分泌はさらに悪化することになるため、根本的な解決になりません。

シャンプーは少量を使い、手のひらで十分に泡立ててから、生え際の方から頭頂部に向けて指を通して頭皮を洗うようにしてください。細かく泡立てれば、泡が毛穴の皮脂汚れを浮かせてくれますので、綺麗に洗い流すことができます。

頭皮をこすらない

シャンプーをするときに、頭皮をゴシゴシこすらないようにしましょう。頭皮を強く刺激すると、刺激から皮膚を守るためにより多くの皮脂が分泌されるようになり、悪循環になります。指の腹を使って、頭皮をやさしく指圧するようにして洗ってください。

シャンプーやコンディショナーをしっかりとすすぐ

シャンプーとコンディショナーはしっかりとすすぎましょう。残りカスが頭皮に残ると、カブレや皮膚常在菌の異常繁殖など、新たな頭皮トラブルの原因となる恐れもあります。

抗菌シャンプーの使用

体質に合わないシャンプーを使うと、症状が悪化したり、フケ症やかぶれを引き起こすことがあります。体質に適したシャンプーを選び、快適な頭皮環境を維持するようにしましょう。

皮脂分泌の多い方は皮膚常在菌が繁殖しやすく、頭皮に様々な病気や症状を引き起こす原因にもなります。皮膚常在菌の繁殖を抑えるためには、抗菌シャンプーを継続的に使用する必要があります。

現在、市販されている抗菌シャンプーはコラージュフルフルネクストです。マラセチア菌などの皮膚常在菌の増殖を抑える抗カビ成分『ミコナゾール硝酸塩』が配合されており、市販品で唯一脂漏性皮膚炎への抗菌効果が認められています。厚生労働省認定の医薬部外品であり、医療機関でも推奨されています。

すっきりさらさらタイプ

  • 頭皮が脂っぽい方
  • フケ・痒みを防ぎたい方
  • 肌が敏感な方
  • スッキリとした洗い上がりが好みの方
  • クレンジングシャンプーをお探しの方

※画像クリックで公式サイトへ

 

うるおいなめらかタイプ

  • フケ・痒みを防ぎたい方
  • 肌の敏感な方
  • 頭皮が乾燥しやすい方
  • 髪が長い方
  • 指通りなめらかに洗い上げたい方

※画像クリックで公式サイトへ

 

コラージュフルフルネクスト 薬用シャンプー&リンス(公式サイト)

持田ヘルスケア 医薬部外品 各 1,600円(税抜)

こちらの記事もあわせてどうぞ。

ベタベタした脂っぽいフケを改善するには?『脂性フケ』の原因と治療法
脂漏性皮膚炎の原因と症状 頭皮の赤い湿疹やフケに注意
頭皮ニキビができる原因とメカニズム 家庭での予防・改善方法とは
髪や頭皮が脂っぽくてベタベタする原因は?皮脂分泌を抑えるシャンプーのコツ

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。