更年期障害と女性の薄毛って関係あるの?症状を軽減するための対策とは?

image2

更年期障害は、中年以降の女性の多くが悩まされる病気です。

子育てに一段落し、やっと自分のための時間が持てたと思ったら、突然襲ってくる心と身体の不調。

症状が酷い人は、1日中起き上がることすらできないほどの不調に悩まされます。

更年期障害は、女性の薄毛の原因にもなりうるものです。

このページでは、更年期障害の症状と原因について解説するとともに、更年期障害による薄毛の予防と改善方法について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

更年期障害の原因と症状

閉経を迎える前後の約5年間、一般的には40代後半から50代の期間を『更年期』といいます。個人差がありますが、早い人では30代前半から更年期に入ることもあります。

卵巣は、28歳をピークにして徐々に衰えていきます。卵巣機能が低下することによって、35歳頃から女性ホルモンの分泌が激減しはじめます。

閉経を迎える女性の身体は、女性ホルモンの急激な減少によって、ホルモンバランスを大きく崩します。ホルモンバランスが崩れることで、めまいや発汗、鬱など、心と身体に様々な症状があらわれます。これらの症状が日常生活に支障をきたすほど強くなった場合を『更年期障害』といいます。

更年期障害の症状

更年期障害の症状には以下のものがあります。

月経異常

  • 生理の周期が短くなる・長くなる
  • 生理不順
  • 不規則な出血がある

自律神経の異常

  • 火照り・発汗
  • 冷え症
  • 動悸がする

精神・神経系の異常

  • 物忘れが酷くなる
  • 怒りっぽくなる
  • イライラする
  • 抑うつ
  • 頭痛
  • めまい

その他の症状

  • 頻尿・尿漏れ
  • 肩こり・腰痛・関節痛
  • 抜け毛の増加・薄毛

更年期障害の治療方法

更年期障害の治療は保険適用となります

減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法として、ホルモン補充療法(HRT)があります。エストロゲンのみの投与では子宮内膜が増殖して病気につながる恐れがあるため、当時に黄体ホルモン(プロゲステロン)も投与します。

HRTは更年期障害の根本的治療法ですが、それ以外にも様々な症状を抑えるための治療法があります。

HRTが使用できない場合には漢方薬を使います。漢方は症状を完治させるというよりは、症状の緩和や軽減を目指した療法です。

また、鬱や不安などの精神的な症状が重い場合には、抗うつ剤や抗不安薬による治療を行います。専門カウンセラーによるカウンセリングも効果的です。

更年期障害と薄毛の関係とは?

女性が加齢によって薄毛になる原因には、女性ホルモンの減少が深く関わっています。

女性ホルモンであるエストロゲンには、髪の毛を成長させる働きがあります。エストロゲンが減少すると、髪の毛の成長が阻まれ、ヘアサイクルの休止期が長くなります。

更年期障害の症状が進行すると、髪が痩せて細くなり、徐々に髪の本数が減少するため、髪全体のボリュームが減ることになります。

FAGA(女性男性型脱毛症)による女性の薄毛

更年期障害の症状の一つとして起こる薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)と関連が深いといわれています。

FAGAによって起こる女性の薄毛は、男性に起こるような頭頂部や生え際に集中した脱毛ではなく、頭部全体からまんべんなく髪の毛が抜け落ちる『びまん性脱毛症』であることが特徴です。ただし、びまん性脱毛症であっても、人によっては頭頂部や生え際に顕著な脱毛が見られる場合があります。

びまん性脱毛症(FAGA、女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について

女性の薄毛を予防・改善する方法とは?

更年期の女性には以下のような症状があらわれることがあります。

  • 抜け毛が異常に増える
  • 髪が抜けた後に新しい髪が生えてこなくなる
  • 髪が細くなる
  • 一つの毛穴から生えてくる髪の本数が減る
  • 髪のボリュームが少なくなる

これらの症状の出方には個人差があり、強く出る人と、ほとんど出ない人がいます。

更年期の薄毛を予防・改善するためには以下の方法が効果的です。

大豆イソフラボンを摂取する

女性ホルモンの減少によりホルモンバランスが崩れていることが、更年期の薄毛の主な原因です。そこで、女性ホルモンに良く似た働きをする大豆イソフラボンを普段から食事に積極的に取り入れるのがおすすめです。

image

大豆イソフラボンが含まれている食品は、豆乳、豆腐、納豆、おから、きな粉などです。食事で摂取することが難しい場合はサプリメントで補ってもかまいません。

ストレスを解消する

女性が更年期に入る時期と重なりがちなのが、生活環境の大きな変化です。例えば、子供が成長して独り立ちしたり、キャリアアップして職場環境が変化するなど、女性がこれまでとは異なる環境に身を置かなければならなくなる時期でもあります。

このような生活環境の大きな変化に心や身体が適応できないでいると、自分でも気付かないうちに大きなストレスを抱えることになります。ストレスがのしかかることで、更年期に体調を崩してしまったり、更年期障害を悪化させることにもつながります。

さらに、ストレスは自律神経にも悪影響をおよぼします。自律神経が乱れると、ヘアサイクルが正常に機能しなくなります。できるだけストレスをため込まずに、うまく解消することが大切です。

ストレスが原因で抜け毛が増加するメカニズムと対処法

頭皮マッサージをする

更年期の薄毛予防のために、毎日正しい方法で髪を洗い、頭皮マッサージを行うことをおすすめします。

マッサージ法としては、NHKのためしてガッテンでも紹介された指圧によるマッサージが効果的です。指の腹を使って、指圧の要領で頭皮を押しながらじっくりとマッサージを行います。頭皮はデリケートですので、頭皮をこすったり、爪を立てたりしないように注意してください。

発毛・育毛を促す正しい髪の洗い方と、頭皮のマッサージ法

育毛剤や育毛サプリを利用する

自宅で育毛ケアをするなら、市販の育毛剤や育毛サプリを利用するのも一つの方法です。

育毛剤というとなんとなく敬遠してしまうかもしれませんが、今は女性専用の育毛剤も増えてきています。男性用とは異なり、パッケージもエレガントなデザインで、一見して育毛剤だとは分かりません。ぜひ試してみてください。

育毛剤を選ぶ際には、必ず厚生労働省より認可された医薬部外品の記載があるものを選ぶようにしましょう。

敏感肌の方は無添加・アレルギーテスト済みのものを選ぶと良いでしょう。

育毛サプリは育毛のための栄養サポートとして役立ちます。育毛剤と合わせてご利用ください。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

びまん性脱毛症(FAGA、女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について

ベルタ育毛剤のレビュー・体験記 3ヶ月使用の効果は?【写真あり】

前髪が少ないと感じたら薄毛のサイン!自力で増やす方法は?

白髪を予防・改善する食べ物・黒髪を増やすために必要な栄養素

老けて見える!薄くなった女性のつむじはげ、改善するための対策は?

育毛剤を使っても効かない・抜け毛が増えてしまう場合の原因と対処法

薄毛や白髪の予防にも コラーゲンを効率よく摂取して定着させる方法とは?

東京で女性向けの薄毛治療を受けるならおすすめの病院5選

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク