老けて見える!薄くなった女性のつむじはげ、改善するための対策は?

image

つむじはげは、頭頂部から後頭部にかけて発生しますので、本人はなかなか気がつきにくく、気付いたときには既に症状が進行しているというケースも多いようです。

しかし、自分では見えなくても、他人からは非常に良く見える部分でもあります。不意に撮られた写真や動画などで自分の後ろ姿を見てショックを受けたり、美容師さんに指摘されて初めて気付くことも。

髪は女性にとって大切なものですから、薄毛の現実を突きつけられたら辛いですよね。

しかし、一旦進行してしまったつむじはげも、きちんと対処することで回復可能ですのでご安心ください。

このページでは、女性のつむじはげの原因と対処法について詳しく解説しています。

スポンサーリンク

あなたは大丈夫?女性のつむじはげが怖いワケとは?

つむじは髪の毛の流れの始点とも言うべき部分。常に地肌がむき出しになっていますので、薄毛になるとどうしても目立ってしまいますね。

つむじには髪の生え方の癖もあるため、セット方法を間違えるとぱっくり割れて余計に目立ってしまう恐れも。髪の毛をセットする際には、合わせ鏡などで後頭部をチェックしておくことも必要かもしれません。

女性のつむじはげの特徴

以下の特徴に当てはまるあなたは注意が必要です。早めに薄毛対策をはじめましょう。

  • 頭頂部や後頭部の髪のボリュームが減った
  • つむじ周辺の髪が薄くて頭皮が透ける
  • つむじ周りの分け目が広がってきた
  • つむじや分け目の地肌が白っぽく光って目立つ
  • 後頭部の髪が左右にぱっくり割れている
  • 髪をセットしても、すぐにトップがぺたんこに潰れてしまう

薄くなっているのはつむじだけじゃないかも・・・

つむじだけに注目していると、ほかの部分の薄毛の兆候を見逃してしまうかも。

髪の毛が全体的に細くなったり、ボリュームダウンしていませんか?もしそうなら、びまん性脱毛症の始まりかもしれません。

男性にAGA(男性型脱毛症)という症状があるように、女性にも薄毛の症状があります。男性の薄毛は、いわゆるM字はげやてっぺんはげなどのように、比較的はっきりとした脱毛が起こります。

これに対し、女性の薄毛は全体的にまんべんなく髪の毛が抜け落ちます。ただし、女性の場合は男性のように髪の毛が無くなるということはなく、『薄くなる』とか『ボリュームが減る』という症状にとどまります。

特に女性の場合はヘアアレンジをすることも多いため、分け目やつむじの薄さが際立ってしまっている可能性があります。

女性のつむじはげの主な原因とは?

女性のつむじはげの原因には、以下のものが考えられます。

  • ホルモンバランスの崩れ
  • 頭皮の血行不良
  • 頭皮環境の悪化
  • ストレス
  • 栄養不足
  • 牽引性脱毛症

ホルモンバランスの崩れによる薄毛は『びまん性脱毛症』

女性の薄毛の原因として最も有力なものは、ホルモンバランスの崩れです。

ホルモンバランスの崩れによる女性の薄毛の多くは、びまん性脱毛症になります。

びまん性脱毛症とは、頭部全体の髪の毛がまんべんなく抜け落ちる症状をいいます。円形脱毛症は脱毛部分とそうでない部分にはっきりとした境界があるのに対し、びまん性脱毛症は全体的になんとなく薄くなる・髪全体がボリュームダウンするという症状が特徴です。

びまん性脱毛症はFAGAとも呼ばれ、男性型脱毛症(AGA)の女性版ともいわれています。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について

ホルモンバランスが崩れると薄毛になる理由

では、なぜホルモンバランスが崩れると髪が薄くなってしまうのでしょうか?

女性ホルモンであるエストロゲンには、髪のハリやコシを維持して美しく保つ作用や育毛効果があることが知られています。

これに対し、男性ホルモンであるテストステロンは、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで、脱毛作用をもたらすとされています。

女性は年齢を重ねると女性ホルモンの分泌が減少していくため、男性ホルモンの働きが相対的に強くなります。すると育毛の働きが弱まり、抜け毛を増やす作用が強まるため、薄毛が進行してしまうのです。

加齢のほか、ピルの使用や出産によってもホルモンバランスが変化することがあります。

女性のつむじはげが悪化する生活習慣

つむじはげを悪化させるホルモンバランスの崩れは、生活習慣の乱れによってもたらされることもあります。過酷なダイエットや偏食による栄養不足、喫煙、夜更かしなどもホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れを引き起こします。

頭皮環境の悪化にも注意!

頭皮トラブルが原因でつむじはげになってしまうケースも。頭皮の乾燥や皮脂分泌の変化にご注意ください。

頭皮の乾燥は老化を招く

若い頃に使っていたシャンプーをいつまでも使い続けたり、1度の洗髪で大量にシャンプーを使ったりしていませんか?

市販のシャンプーの中には洗浄力が強いものも多く、頭皮に必要な皮脂まで奪い去ってしまう恐れがあります。頭皮がデリケートな人には、洗浄力がソフトなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

頭皮の皮脂分泌が多い人のほとんどは、同時に水分不足という問題も抱えています。頭皮の水分量が減少すると、それを補うためにより多くの皮脂が分泌されるようになるのです。

分泌された大量の皮脂をシャンプーだけで取り除こうとすると、より強い洗浄力が必要になりますので、ますます頭皮の水分が失われるという悪循環に陥ってしまいます。

乾燥は皮膚の老化を著しく促進させます。そのため、頭皮を洗うときには皮脂を取りすぎないように正しい方法で洗髪する必要があります。

髪や頭皮が脂っぽくてベタベタする原因は?皮脂分泌を抑えるシャンプーのコツ

シャンプー成分やカラーリング剤によるダメージの蓄積

シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムなどの洗浄成分や、カラーリング剤に含まれる合成化学染料などで、炎症やアレルギーを引き起こすことがあります。

特にアレルギーの場合は、それまで何ともなかった人が突然発症したり、アナフィラキシーショックを起こすこともありますので注意が必要です。

ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?

ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなどの合成界面活性剤が頭皮に与える危険性

ストレス

ストレスも髪の健康を著しく害する要因の一つです。

精神的・肉体的ストレスが蓄積されると、女性ホルモンの減少を招き、ホルモンバランスの崩れを引き起こします。また、自律神経の乱れを引き起こし、成長ホルモンの分泌を減少させます。

ストレスは毛細血管を収縮させるため、頭皮の血行状態が悪化し、毛根に栄養が届かなくなります。強いストレスを受けると髪の毛が大量に抜け落ちてしまうのもこのためです。

強すぎるストレスは身体の健康を奪い、老化を早めます。ストレスを溜め込まないように適度に発散させていくことが大切です。

ストレスが原因の抜け毛や薄毛は治すには?髪が抜けるメカニズムと改善方法

栄養不足

髪の毛を作るためにはたんぱく質やミネラル、ビタミンをバランス良く摂取する必要があります。

特に女性に不足しがちなのが鉄分です。鉄分が不足すると、鉄欠乏性貧血を引き起こし、抜け毛や白髪が増加することがあります。

この他、亜鉛不足ビオチン欠乏症ビタミンB12欠乏症なども薄毛の原因になります。

年齢を重ねると栄養の吸収率が落ちますので、不足しがちな栄養素はサプリメントなどを利用して効率よく摂取することも必要です。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、髪の毛を引っ張り続けることで頭皮や毛根がダメージを受け、髪の毛が抜け落ちてしまう症状をいいます。

ポニーテールやまとめ髪をよくしている人が陥りやすい症状ですが、ウィッグやエクステ、ヘアアイロンの使用などでも引き起こされることがあります。

つむじ周辺や分け目が目立つ場合にはその部分の毛根が弱っている可能性もあるため、できるだけ引っ張らないように優しくケアしてあげましょう。

牽引性脱毛症の原因と対策 なかなか治らない場合の対処法とは

女性のつむじはげを改善するための対策は?

つむじはげは、既に進行してしまった場合でも、生活習慣を改善し、適切な治療を行うことで回復させることが可能です。

女性としての自信を失ったり、落ち込んだりするよりも、前向きに治療に取り組んでいきましょう。

食事の改善

image

毎日食べている食事があなたの身体を作っているといっても過言ではありません。普段の食事を見直すことで、髪の健康を維持し、抜け毛を予防することが可能です。

髪の毛にとって最も必要な栄養素はたんぱく質です。髪の毛の99%は、ケラチンというたんぱく質によって構成されています。

また、ケラチンは18種類のアミノ酸で構成されていますが、最も多く含まれるのはシスチンというアミノ酸です。シスチンは牛肉やレバー、カツオ、鮭、クロマグロの赤身などに多く含まれています。

もちろん、たんぱく質の摂取だけでは薄毛は改善しません。髪にいいと言われる以下の栄養素を中心に、バランス良く栄養を摂取してください。

  • たんぱく質
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • パントテン酸
  • ビタミンE

髪にいい食べ物10選 美しく健康的な髪を育てるために必要な栄養成分とは?

頭皮マッサージ

頭部には前頭筋、側頭筋、後頭筋という筋肉があります。頭頂部には筋肉がなく、帽状腱膜が伸びています。

ストレスや過労などで前頭筋や側頭筋が収縮すると、帽状腱膜がつっぱるようになり、毛根に栄養が行き届かなくなります。

そこで、固くなった頭皮をマッサージでほぐし、血行を促していく必要があります。

マッサージは指圧が最も効果的と言われています。頭部のツボを刺激しつつ、優しく揉み解してください。

育毛剤の使用

元気がなくなった頭皮には、育毛剤を利用して毛根に栄養を与えてあげましょう。

育毛剤は気になる部分にピンポイントで塗布できるので、食事で栄養を吸収するよりも効率的に育毛成分を毛根に届けることができます。

胃腸の調子が悪いと栄養の吸収率が下がりますので、栄養不足に陥ることがあります。そのような場合も、育毛剤の使用が役立ちます。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク