女性の薄毛にも影響する『5αリダクターゼ』を抑制する方法

image161

男性型脱毛症(AGA)を引き起こす要因の一つである『5αリダクターゼ』をご存知でしょうか?実は、この物質が女性にも影響を及ぼし、薄毛の原因となっていることが明らかになっています。

このページでは、5αリダクターゼの性質や薄毛になるメカニズム、抑制方法などについて解説します。

スポンサーリンク

『5αリダクターゼ』とは?

5αリダクターゼとは、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす要因となる還元酵素です。男性ホルモンに関係する物質ですが、女性の体内にも存在します。

『5αリダクターゼ』と男性型脱毛症(AGA)の関係

まずはじめに、男性型脱毛症(AGA)がどのように引き起こされるかについて見ていきましょう。

5αリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンと結合して、より強力な男性ホルモンである『ジヒドロテストステロン(DHT)』を作り出します。

ジヒドロテストステロンには強い脱毛作用があるとされ、分泌量が増えるほど薄毛の症状を引き起こしやすくなります。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、脱毛症を引き起こすのは『5αリダクターゼⅡ型』の方であると言われています。

5αリダクターゼⅡ型とテストステロンが結合してジヒドロテストステロン(DHT)が生成され、これが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで脱毛の症状が起こります。

5αリダクターゼⅡ型は、主に前頭部頭頂部の毛乳頭に存在しています。そのため、5αリダクターゼⅡ型の分泌による影響を受けると、生え際や頭頂部の髪の毛が抜けやすくなり、いわゆる『M字ハゲ』や『てっぺんハゲ』を引き起こします。

『5αリダクターゼ』と女性の薄毛の関係

5αリダクターゼは男性の身体に存在するものというイメージがありますが、実際には、男性と同様に女性の身体にも存在しています。

女性の体内でも、5αリダクターゼはテストステロンと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出します。この分泌量が多ければ、女性の薄毛の原因にもなります。

また、女性の多毛症にも5αリダクターゼが影響していると言われています。更年期にさしかかると顔や手足の産毛が濃くなったり、男性のような剛毛が生えることがありますが、これも男性ホルモンや5αリダクターゼの分泌量の増加が影響していると考えられます。

女性の脱毛症、FAGAについて

男性型脱毛症(AGA)に対して、女性の脱毛症はFAGA(Female AGA)といいます。FAGAは主にホルモンバランスの崩れが原因で引き起こされます。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について

男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)には強い脱毛作用があります。これに対し、女性ホルモンであるエストロゲンには髪の毛を育て、美しく保つ作用があります。

女性の体内でも男性ホルモンは分泌されていますが、通常は女性ホルモンの方が圧倒的に多く分泌されているため、男性ホルモンによる影響はほとんどありません。

しかし、妊娠・出産や更年期、閉経、ストレスなどにより女性ホルモンの分泌が極端に減ると、男性ホルモンが優位になり、5αリダクターゼの分泌が増加します。その結果、抜け毛が増加し、FAGAを引き起こすのです。

『5αリダクターゼ』の分泌量は遺伝で決まる

薄毛や抜け毛を引き起こすのは男性ホルモンの影響によるところが大きいとされていますが、男性ホルモンは全ての男性・女性の体内に存在するものです。

それなのに、なぜ薄毛になる人とならない人がいるのでしょうか。

薄毛になりやすい遺伝子は引き継がれる

実は、男性ホルモンの分泌量にはそれほどの個人差はありません。ただし、『5αリダクターゼⅡ型』の分泌量は遺伝による差が大きいと言われています。

父親か母親に5αリダクターゼⅡ型が分泌されやすい遺伝子があれば、その特徴は子供に引き継がれます。つまり、薄毛になりやすい体質は遺伝するのです。

では、女性の薄毛も男性と同じように遺伝の影響を受けているのでしょうか?

女性の脱毛症と遺伝子の関係についてはまだ詳しいことは解明されていませんが、女性でも遺伝によって薄毛になる可能性は十分に考えられます。

ただし、女性の場合、たとえ薄毛遺伝子を持っていたとしても、薄毛になる確率は男性よりも低くなります。なぜなら、女性は女性ホルモンの分泌量が圧倒的に多いため、男性ホルモンの影響をほとんど受けないからです。

遺伝による女性の薄毛は改善できる?

薄毛の原因が遺伝によるものであれば、いくら治療しても改善できないのでは?と考える人もいるかもしれません。

しかし、女性の薄毛は適切な治療を行うことで改善する可能性が高く、たとえそれが遺伝による薄毛であったとしても効果を得ることができます。

遺伝による薄毛の可能性が高い場合、症状がますます進行する恐れもありますので、できるだけ早く治療を開始し、症状を抑えることが必要です。

また、女性の薄毛には様々な要因がありますから、遺伝だけが原因であるとは限りません。普段の食事や生活習慣を見直し、総合的に対処していきましょう。

『5αリダクターゼ』を抑制する方法

薄毛を予防・改善するためには、5αリダクターゼを抑制することが鍵になります。

では、5αリダクターゼを抑制するには一体どのような方法があるのでしょうか?

治療薬プロペシア(フィナステリド)について

一般的に、男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられているのが、有効成分フィナステリドです。フィナステリドには、『5αリダクターゼⅡ型』を抑制する作用があります。この成分が含まれる治療薬として代表的なものがプロペシアです。

ただし、女性がプロペシアを服用すると重大な副作用を引き起こす恐れがあると指摘されており、女性の服用は禁止されています。特に、妊娠中の方が服用すると胎児に障害が出る可能性もあるため、薬に触ることすら禁忌とされています。十分にご注意ください。

『5αリダクターゼ』を抑制する食べ物・栄養素

食べ物の中には5αリダクターゼを抑制する作用のあるものが発見されています。毎日の食事に取り入れることで薄毛対策に役立つかもしれません。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、北米南東部に群生するヤシ科のハーブの一種で、古くから男性の滋養強壮に効果のある民間薬として用いられてきたそうです。

ノコゴリヤシに含まれるβシトステロール、オクタコサノールには、5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する作用があります。

ノコギリヤシから抽出されたエキスはサプリメントとして摂取することも可能です。継続して摂取することで抜け毛や薄毛の予防に役立つことも期待できます。

アロエ

アロエにはアロインという成分が含まれており、5αリダクターゼを抑制する作用があると言われています。

この成分が含まれた原液を頭皮に直接塗ることで効果がみられるということですが、アレルギー体質の方や敏感肌の方は炎症を引き起こす場合もありますので注意が必要です。

みかんの皮

みかんの皮にはd-リモネンという成分が含まれており、5αリダクターゼを抑制する作用があると言われています。

亜鉛

亜鉛がテストステロンからジヒドロテストステロン(DHT)への変換を抑制することを示唆する実験結果があります。また、亜鉛とアゼライン酸の組み合わせにより、5αリダクターゼが90%抑制されるという報告もあります。

亜鉛は、体内に吸収したたんぱく質をアミノ酸に分解し、これを髪の毛の材料であるケラチンに再合成するために必要となるミネラルです。

亜鉛が不足するとケラチンを十分に合成できなくなるため、髪の毛が細くなったり抜け毛や白髪が増加します。

亜鉛は、牡蠣、レバー、牛肉、豚肉、蟹、卵などに多く含まれています。健康的な髪の毛を維持するためにも、積極的に摂取しましょう。

女性ホルモンを増やす食べ物・栄養素

女性ホルモンには育毛・発毛作用や美しくコシのある髪を維持する作用があります。女性ホルモンの分泌を増やすことで、男性ホルモンの影響を抑え、薄毛や抜け毛を予防することが期待できます。

大豆イソフラボン

豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品には、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンが多く含まれています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに近い化学構造式を持っており、似た働きをすると言われています。そのため、5αリダクターゼを抑制したり、ジヒドロテストステロン(DHT)の働きを阻害する作用が期待できます。

大豆イソフラボンは女性の美や健康をサポートしてくれる成分でもありますので、ぜひ毎日の食卓に取り入れたいですね。

ビタミンB6

ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌が減ることにより、イライラや抑うつなど様々な症状が出ます。ビタミンB6にはホルモンバランスの崩れによる不調を緩和する作用があります。

また、ビタミンB6には、たんぱく質の代謝を促進させ、皮膚、髪の毛、歯、爪などを健康的に保つ働きもあります。

ビタミンB6が多く含まれる食品としては、牛肉、まぐろ、かつお、鶏肉、鮭、豚肉、にんにくなどがあります。

ビタミンE

ビタミンEは、性ホルモンの分泌や性機能に深い関わりがあり、女性の場合には女性ホルモンのバランスを整え、妊娠率を向上させる作用があるといわれています。

また、ビタミンEには強力な抗酸化作用があるといわれており、毛細血管を拡張させて血流を改善する作用もあります。

抜け毛や薄毛の原因の一つに頭皮の血行不良が挙げられますが、ビタミンEを意識的に摂取することで血行の改善が期待できます。

ビタミンEは、イクラ、たらこ、うなぎ、大根、かぼちゃ、赤ピーマンなどに多く含まれています。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について
老けて見える!薄くなった女性のつむじはげ、改善するための対策は?
異常脱毛を見つけたら薄毛危険度MAX!簡単なチェック方法とは?
薄毛や白髪の予防改善にも コラーゲンを効率よく摂取して定着させる方法とは?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク