抜け毛がどっと増える秋の季節、薄毛予防対策はどうする?

image424

秋から冬にかけて、どっと抜け毛が増えてしまうことがあります。このまま薄毛が進行してしまうのでは?とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

実は、抜け毛の増加は季節的なものとは限りません。体質変化やホルモンバランスの崩れなど様々な要因が重なって毛根を弱らせている可能性もあります。

たとえ髪の毛が大量に抜けてしまったとしても、それが正常なヘアサイクルによるもので、すぐに新しい髪の毛が生えてくれば何の問題もありません。問題なのは、髪の毛が大量に抜け、そのあと新しい髪の毛が生えてこなくなることです。

このページでは、秋に抜け毛が増加する原因と、効果的な薄毛予防対策について解説します。

スポンサーリンク

秋に抜け毛が増える原因とは

一般的に、人の髪の毛は1日に100本前後が抜けていると言われています。しかし、抜け毛の本数は1年を通して一定ではなく、季節によって多い時期・少ない時期が存在します。

最も髪の毛が多く抜ける時期とされているのが、『』です。秋に抜け毛が多い理由は、古くからの動物の毛の生え変わりのDNAが人間にも残っているためではないかと考えられています。

ペットを飼っている方ならお分かりの通り、動物には毛の生え変わりの時期があり、春や秋には驚くほど大量に毛が抜けます。人間はこれほど顕著には抜けませんが、季節の変わり目にはわずかに抜け毛が増えるようです。

また、年齢を重ねるごとに頭皮や毛根は老化しますので、外気の変化に影響されやすくなります。毛髪量や髪の太さが減っているため、同じ抜け毛の量だったとしても若い人に比べて全体的な髪のボリュームの減少がどうしても分かりやすくなってしまいます。

夏に蓄積された紫外線のダメージも

頭部は身体の中で最も紫外線を浴びやすい部分です。夏の間に強烈な紫外線を浴び続け、頭皮はぐったりとバテている状態。見た目には日焼けしていないように見えても、いつの間にか気付かないうちに紫外線のダメージは蓄積されているのです。

夏に蓄積された紫外線によるダメージが、秋に入り徐々に抜け毛の症状となってあらわれていることも考えられます。

紫外線のダメージは皮膚表面の火傷だけでなく、細胞やDNAレベルで損傷させます。そのため、毛母細胞やメラノサイトを破壊し、抜け毛や白髪の増加、頭皮の老化、髪の毛の乾燥などを引き起こします。

季節の変わり目における自律神経の乱れ

うだるほどの暑さだった夏が終わり、ひんやりと冷気まじりの風が吹く秋になり、気温や湿度の急激な変化に身体が追いつけなくなることもあります。

自分では気付かなくても、身体はちょっとした環境の変化でストレスを感じてしまいます。すると、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れを引き起こしやすくなり、頭皮環境の悪化や抜け毛・白髪の増加に転じてしまうのです。

抜け毛の季節、秋に行う薄毛予防対策

image4

抜け毛が一気に増加する秋。薄毛を進行させないために、一体どのようなことに気をつけて生活していけばいいのでしょうか?

自律神経やホルモンバランスを整える

育毛には自律神経やホルモンバランスを整えることが不可欠。自律神経を整え、病気や疲労を回復するための副交感神経を優位に働かせるためには、規則正しい生活を送ることが大切です。同じ時間に起床し、同じ時間に食事をして、同じ時間に就寝することで体内リズムが整い、自律神経を自然に切り替えることができるようになります。

また、季節の変わり目にはホルモンバランスが乱れやすくなります。女性の身体はデリケートで環境に左右されやすいので、身体を冷やさないように気を付けたり、過度にストレスをためないようにしましょう。

女性ホルモンと同様の働きをするといわれる大豆イソフラボンを摂取したり、秋の味覚を食卓に取り入れ、健康的な食事を楽しむのもいいですね。お酒はほどほどにして、食後はハーブティーやアロマなどで落ち着いたリラックスタイムを過ごしてみましょう。

軽い運動をする

気温が下がりやすい季節には、身体の末端が冷えて血行が悪化しがち。血行が悪化すると、毛根に十分な酸素や栄養が行き届かなくなり、抜け毛や白髪の原因となってしまいます。

冷え性や血行を改善するためには毎日適度な運動を行うことも必要。軽いストレッチや体操などで身体を動かし、全身の血行を改善することで血の巡りを良くします。

コラーゲンを摂取する

秋は徐々に乾燥が進む季節ですので、頭皮の乾燥をしっかりと予防していきましょう。

お肌の乾燥を防ぎ、潤いを保つためには、コラーゲンやエラスチン、ビタミンCなどを摂取して身体の内側から保湿することが大切。

コラーゲンたっぷりの料理には、豚足や牛すじ、魚の煮物、スッポン鍋、鶏軟骨などがあります。ぜひ食卓に取り入れてみてください。

薄毛や白髪の予防改善にも コラーゲンを効率よく摂取して定着させる方法とは?

アミノ酸系シャンプーを使う

1年中同じシャンプーを使用していませんか?

気温や湿度が高くて汗を大量にかく夏と、気温が低く肌の乾燥が進みやすい秋冬に使うシャンプーでは、必要とされる洗浄力や保湿力が全く異なります。

一般的に、安価な市販のシャンプーには洗浄力が強い界面活性剤が多く含まれています。美容に詳しい方なら、『ラウリル硫酸ナトリウム』や『ラウレス硫酸ナトリウム』という洗浄成分についてご存知なのではないでしょうか。これらの成分は、コストが安く泡立ちやすいという特徴がある一方で、洗浄力が強すぎるために肌にダメージを与えやすいというデメリットがあります。

これらの成分は敏感肌用や乾燥肌用のシャンプーにも使用されていることがありますので注意が必要です。市販のシャンプーを購入する際には界面活性剤の成分表示を確認することをおすすめします。

髪や頭皮のことを考えるなら、アミノ酸系の洗浄成分を配合したシャンプーを使用するのがおすすめです。アミノ酸系の界面活性剤は、髪や頭皮に近い弱酸性のアミノ酸が使用されており、頭皮の保湿や髪の毛の乾燥予防、老化対策等に役立ちます。

髪・頭皮の症状別 シャンプーの選び方

育毛剤を使う

育毛剤を使って抜け毛予防を行うことも忘れずに。秋の抜け毛はとても多いので、育毛剤が効いていないのでは?と不安になるかもしれませんが、諦めずにしっかりと使い続けていくことが大切です。

育毛剤を使用することで、育毛有効成分だけでなく美容成分も頭皮に浸透しますので、保湿やエイジングケアにも役立ちます。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について
女性の薄毛にも影響する『5αリダクターゼ』を抑制する方法
老けて見える!薄くなった女性のつむじはげ、改善するための対策は?
ショック!もみあげに白髪が固まって生える意外な原因と対処法

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク