女性ホルモンの減少が抜け毛の増加やびまん性脱毛症を引き起こす理由

image3

女性の薄毛、びまん性脱毛症の大きな原因の一つが、ホルモンバランスの崩れです。女性ホルモンの分泌が減少すると、ホルモンバランスが崩れ、抜け毛が増加したり、髪の毛にハリやコシがなくなり、全体的にボリュームダウンしてしまいます。

なぜ女性ホルモンが減少すると抜け毛の増加につながってしまうのでしょうか?このページでは、女性ホルモンの減少が抜け毛の増加や薄毛を引き起こす理由について詳しく解説します。

スポンサーリンク

女性ホルモンの減少で抜け毛が増加するのはどうして?

女性の薄毛は、女性ホルモンの分泌が減少することによるホルモンバランスの崩れが大きな原因の一つといわれています。

女性にも男性ホルモンがわずかに分泌されています。年齢が若ければ、女性ホルモンの分泌量が圧倒的に多いため、男性ホルモンの影響を受けることはほとんどありません。しかし、年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量は減少していくため、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると頭痛やむくみ、抑うつ、倦怠感、肌荒れなどの症状を引き起こしやすくなります。また、抜け毛の増加や薄毛、びまん性脱毛症などの症状を引き起こすこともあります。

では、女性ホルモンが減少すると、どうして毛髪に悪影響が出てしまうのでしょうか?

エストロゲンは育毛の働きを持つ

女性ホルモンの一つである『エストロゲン』には、髪の毛を美しくしなやかに育てる働きがあります。

エストロゲンが多く分泌されている20代は、ツヤツヤの髪の毛や潤いのあるきめ細かい肌など、女性としての美しさを謳歌する時期です。

ところが、様々な原因によりホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの分泌が減少すると、育毛の働きが弱まり、抜け毛が増加したり薄毛が進行してしまいます。

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する

女性の薄毛の原因に関わっていると考えられるのが、『5αリダクターゼ』という物質です。

5αリダクターゼとは、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす要因となる還元酵素です。男性ホルモンに関係する物質であり、男性の薄毛の原因となるものですが、女性の体内にもわずかに存在しています。

5αリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンと結合して、より強力な男性ホルモンである『ジヒドロテストステロン(DHT)』を作り出します。ジヒドロテストステロン(DHT)は強い脱毛作用を持っているため、分泌量が増えるほど抜け毛の増加や薄毛、細毛、髪質悪化などの悪影響を及ぼします。

女性ホルモンが活発な若い女性の場合、テストステロンの血中濃度は男性の20分の1ほどといわれています。しかし、加齢やストレスなどにより女性ホルモンが減少すると、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの影響が強くなります。

5αリダクターゼは、主に前頭部頭頂部の毛乳頭に存在しています。そのため、生え際や頭頂部の髪の毛が抜けやすくなります。

女性の薄毛にも影響する『5αリダクターゼ』を抑制する方法

女性ホルモンの減少はFAGAを引き起こす

image

女性ホルモンであるエストロゲンは、

  • 美しくしなやかな髪の毛を育てる
  • 脱毛作用を持つジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する

という働きを持つことから、減少すると抜け毛の増加や薄毛につながります。

男性の薄毛は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれますが、女性に引き起こされる薄毛はFAGA(Female AGA)といいます。FAGAは髪の毛の抜け方の特徴から、びまん性脱毛症とも呼ばれています。

女性の脱毛症であるFAGAは、主にホルモンバランスの崩れが原因で引き起こされます。女性の体内にはわずかに男性ホルモンが分泌されていますが、女性ホルモンの分泌が減少してホルモンバランスが崩れると、薄毛に進行してしまうのです。

FAGAになると、髪の毛が全体的に薄くなり、毛量が少なくなります。症状が進行すると、分け目が広がっているように感じたり、地肌が透けて見えるようになります。

ただし、男性型脱毛症とは異なり、症状が進行しても髪の毛が完全に抜け落ちてしまうことはありません。

詳しくは、FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法についてをご参照ください。

女性ホルモンはなぜ減少するの?

image

女性ホルモンは常に一定の量が分泌されているわけではなく、短期的・長期的に変動しています。短期的にみると、生理周期によって女性ホルモンの分泌量が増減しています。長期的にみると、女性ホルモンの分泌量はある年齢まで増加し、ピークに達すると減少に転じます。

ここからは、女性ホルモンが分泌されるメカニズムと、女性ホルモンの分泌量が減少する様々な原因について見ていきましょう。

女性ホルモンが分泌されるメカニズム

女性ホルモンの分泌は、脳にある視床下部からの指令によってコントロールされています。視床下部は、血液に含まれるホルモンの量から性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌を指令します。すると、下垂体が刺激を受けて、卵巣に卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンの分泌を指令します。

つまり、女性ホルモンは脳の視床下部や下垂体、そして卵巣から指令が届くことで分泌が決定されているのです。

image

女性ホルモンの分泌量はスプーン1杯分

image

女性が一生のうちに分泌される女性ホルモンの量は、わずかティースプーン1杯分のみであるといわれています。人によって分泌量の差はほとんどありません。

1回の生理周期で分泌される女性ホルモンの量は、『ピコグラム』(1兆分の1g)という単位であらわされるほどわずかな量です。

これほどまでに少ない量しか分泌されない女性ホルモンが、女性の身体に大きな影響を及ぼしているのです。

女性ホルモンの分泌量は30歳前後をピークに減少する

女性ホルモンであるエストロゲンは、初潮を迎える時期から増加し始め、30歳前後でピークを迎えます。20代から30代は女性ホルモンが最も成熟する時期です。そして、35歳頃から卵巣機能が衰え始め、45歳前後で更年期を迎えると一気に女性ホルモンの分泌量が下降線をたどります。

更年期になると、エストロゲンの急激な減少により、ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れを引き起こしやすくなり、卵巣機能も衰えます。

このように、エストロゲンの分泌量は一生のうちで大きく変化し、それが女性の身体の機能に様々な影響を及ぼしています。

女性ホルモンの分泌が減少する原因とは

ここまで見てきたように、女性ホルモンの分泌は、生理周期によって増減を繰り返しています。また、年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌は減少していきます。それに加え、妊娠出産更年期閉経など、女性にはステージごとにホルモンバランスの崩れを引き起こす要因があります。

女性の身体はとてもデリケートなので、様々な要因でホルモンバランスの崩れを引き起こします。女性の社会進出が進んだ現代においては、妊娠や出産に加え、家庭や仕事などの役割が増え、社会的な責任が大きくなっています。忙しさやプレッシャーから様々なストレスの影響を受ける女性も少なくありません。特に30代以上の女性は年齢的な原因による女性ホルモンの減少も重なるため、ホルモンバランスの崩れが生じやすくなります。

ストレス生活習慣の乱れ過労ダイエット栄養不足などもホルモンバランスを崩す要因となります。規則正しい生活をバランスの良い食事を心がけ、身体を動かすことでストレスを適度に発散させていくことが大切です。

女性の薄毛予防や育毛にはホルモンバランスが大切!

女性の薄毛を予防・改善するためには、ホルモンバランスを整え、健康的な心と身体を維持していく必要があります。

ここからは、女性ホルモンを増やしてホルモンバランスを整える方法について見ていきましょう。

ホルモンバランスを整える食べ物/栄養素

食事だけで女性ホルモンを増やすことは難しいですが、バランスの良い食事を意識的に摂取することで、ホルモンバランスを整えていくことは十分に可能です。

冷たい物や、化学調味料の多く含まれた加工食品は、体内の様々なバランスを崩し、不調の原因になることがあります。できるだけ避けた方が良いでしょう。

たんぱく質は髪や皮膚の材料になる最も大切な栄養素です。肉や魚、大豆などから偏りなく摂取しましょう。緑黄色野菜はビタミンの摂取に欠かせません。また、青魚に含まれるDHA・EPA、アマニ油、エゴマ油などのオメガ3脂肪酸を含む良質な油の摂取も必要です。

さらに、身体の老化を予防し、健康を維持するためには腸内環境を整えることが大切です。納豆やヨーグルト、味噌、塩麹などの発酵食品が腸内環境の改善に役立ちます。

大豆イソフラボン

豆腐・納豆・豆乳などの大豆製品には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た構造を持っており、ホルモンバランスを整える作用があるといわれています。

ビタミンB6

ビタミンB6は、女性ホルモンであるエストロゲンの代謝を良くし、ホルモンバランスを整える働きがあります。

ビタミンB6が多く含まれる食べ物には、マグロ、カツオ、レバー、鶏肉、鮭などがあります。

ビタミンE

ビタミンEは、脳下垂体や卵巣に働きかけ、ホルモンの分泌を整える作用があります。また、強力な抗酸化作用があり、老化予防や美容・健康維持にも役立つ栄養素です。

ビタミンEが多く含まれる食べ物には、イワシ、たらこ、モロヘイヤ、かぼちゃ、赤ピーマンなどがあります。

ストレスの解消

女性ホルモンを分泌させる視床下部や下垂体はストレスの影響を受けやすく、ストレスがたまると分泌量の低下を招きます。

女性ホルモンの分泌量が減少すると、ホルモンバランスが崩れ、身体の不調や心の不安定をもたらし、ストレス耐性が低下することでさらなる悪循環に陥ってしまうことも。

女性ホルモンが低下しはじめる『ゆらぎ期』にさしかかると、仕事や家庭などで様々なストレスにさらされやすくなります。ストレスを溜め込まないように、上手にコントロールし、適度に解消していきましょう。

ストレスを解消するためには、規則正しい生活と良質な睡眠、適度な運動などが必要です。また、気の合う友人とのおしゃべりや旅行などで楽しい時間を過ごすのも良いでしょう。アロマテラピーやハーブティーなどにもホルモンバランスを整える作用があります。

女性ホルモンの減少による薄毛を改善するには?

ホルモンバランスが崩れることで、大量の抜け毛が発生することがあります。既に抜け毛が増加して薄毛が進行してしまった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?

一旦乱れてしまった頭皮環境は、長期的なスパンで改善に取り組む必要があります。そのためには、食事や睡眠、運動など普段の生活習慣を改めることも大切です。

  • 髪に必要な栄養をしっかりと摂取する
  • 規則正しい生活をする
  • 頭皮の血行を改善する
  • 良質な睡眠をとる
  • ストレスを溜め込まない

薄毛を改善する頭皮ケア方法

頭皮の血行を改善するためには、頭皮マッサージがおすすめです。頭部には前頭筋・側頭筋・後頭筋があります。この筋肉が凝り固まっていると、毛細血管が収縮し、頭部の血行が悪くなります。

頭皮マッサージを行う時は、優しく指圧しながら頭皮のコリを揉み解してください。強い力でマッサージを行うと、頭皮の細胞や毛細血管にダメージを与える可能性があるため、注意しましょう。

薄毛や抜け毛を改善するためには、育毛剤や育毛サプリメントを利用するのも有効です。育毛剤は、頭皮に塗布することで毛根に直接栄養を与え、発毛効果育毛効果を得ることができます。

育毛剤の使用は、頭皮の保湿や保護にも役立ちます。頭皮の老化予防や抜け毛予防などの観点からも、お顔のスキンケアと同様に毎日継続的に使用するのがおすすめです。現在は様々な種類の女性用育毛剤が販売されているため、ご自身の体質に合ったものを選ぶと良いでしょう。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

女性の薄毛、びまん性脱毛症の原因と対策・治療法について
前髪が少ないと感じたら薄毛のサイン!自力で増やす方法は?
髪の毛が細くなったら女性でも薄毛予備軍に!髪を太くする方法とは?
老けて見える!薄くなった女性のつむじはげ、改善するための対策は?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク