自宅で白髪染めをしたら頭皮がかぶれた!これってアレルギー?

image591

市販の白髪染めに含まれている成分で、頭皮に痒みやかぶれなどの症状が出ることがあります。

それまで白髪染めをしても何ともなかったのに、ある日突然ただれて瘡蓋(かさぶた)ができてしまったケースも。

白髪染めで頭皮がかぶれてしまう場合、一体どんな原因があるのでしょうか?

このページでは、白髪染めによる頭皮のかぶれや炎症の原因と対処法について解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪染めでかぶれが生じる原因とは?

白髪染めで痒みやかぶれが生じる原因には、①薬剤による刺激性接触皮膚炎、②ジアミンアレルギーなどが考えられます。

① 薬剤による刺激性接触皮膚炎

薬剤を皮膚に使用することで、痒み、かぶれ、湿疹、腫れ、赤み、ただれ、汁が出るなどの症状が出ることがあります。薬剤で必ず接触皮膚炎を引き起こすということはなく、体調や体質によっても左右されます。

接触皮膚炎には、刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎があります。刺激性接触皮膚炎は、刺激を起こす化学物質が濃い濃度で皮膚に付着することで症状があらわれます。

白髪染めには、合成化学染料が配合されています。白髪染めに含まれる薬剤は、一般的なヘアカラー剤よりも強力で、刺激が強いといわれています。そのため、白髪染め剤を継続して使用することで接触皮膚炎を引き起こし、痒みやかぶれが生じることがあります。

年齢を重ねた頭皮は乾燥によって肌のバリア機能が失われていることが多いため、薬剤の刺激に皮膚が反応し、痒みやかぶれを引き起こしやすくなります。

② ジアミンアレルギー

白髪染めで痒みやかぶれが生じる場合、白髪染め剤に含まれているパラフェニレンジアミンという合成化学染料によってアレルギーを引き起こしている可能性があります。

ジアミンは髪に着色しやすい反面、刺激が非常に強く、髪や頭皮にダメージを与える恐れがある薬剤です。単体では劇薬に指定されている国もあるほどです。

ジアミンアレルギーの症状

白髪染めをした後、急に頭皮や顔が痒くなったり、フケ、かぶれ、瘡蓋などの症状があらわれたら、ジアミンアレルギーの危険があります。

ジアミンアレルギーは、白髪染めを行った直後だけでなく、数時間後から数日後に発症することがあります。症状が出る場所も、頭皮や耳、おでこ、顔、首など様々なケースがあります。

ジアミンアレルギーの症状は、痒みやかぶれ、ただれ、腫れなどの皮膚症状から、アナフィラキシーショックによる呼吸困難などの重篤なものまで様々です。

具体的な症状としては以下のものが報告されています。

  • かゆみ
  • 湿疹
  • ただれ
  • 顔面の腫れ
  • 発熱
  • 呼吸困難

詳しくは、ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?をご参照ください。症例写真などを掲載しています。

消費者庁も注意喚起

現在、白髪染め剤に含まれるジアミンによってアレルギーを引き起こし、皮膚科を訪れる人が増えています。

このような状況に対して、消費者庁や消費者安全調査委員会などが注意を呼びかけています。

白髪染めをした後に少しでも異常を感じたら、必ず使用を中止するようにしてください。

美容院の白髪染めにも注意

美容院で行う白髪染めにも、基本的には市販の白髪染め剤と同様の成分が使われています。そのため、美容院の白髪染めでもジアミンアレルギーを引き起こす可能性があります。美容院だから安全ということはありません。

ジアミンアレルギーの対処法

ジアミンアレルギーを発症している場合、今後一生ジアミンの含まれた白髪染め剤を使用することはできません。少しでも症状が出始めたら、白髪染め剤の使用を中止するようにしてください。

アレルギーは、突然発症することがありますので、これまで症状が出なかった人でも突然発症することがあります。

そのため、白髪染めをする際には必ず48時間前パッチテストを行うようにしてください。

二の腕などの目立たない場所に薬剤を塗布し、2日ほど様子を見ます。皮膚が赤くなったり、かぶれなどの症状が出た場合には、アレルギーの恐れがあります。

アレルギーの症状は、始めのうちは痒みやかぶれなどの軽微なものであることが多いのですが、継続して使用すると症状が悪化することがあります。

症状が軽いからといって使い続けた場合、ある日突然重篤な症状を引き起こす恐れもあります。そうなってからでは取り返しがつきません。

アレルギーは一旦発症すると基本的に一生治ることはないので、アレルゲンを断たない限り症状が改善することは決してありません。ジアミンアレルギーの場合はジアミンを避けることでしか対処する術はありません。

症状が悪化する前に病院へ

髪の毛は常に手入れしておきたいもの。しかし、ジアミンが含まれている市販の白髪染め剤はアレルギーなどを引き起こす危険性が指摘されています。

アレルギーを悪化させてしまうと、顔や身体にも皮膚症状があらわれたり、呼吸困難や意識障害などの重篤な症状を引き起こすケースも報告されています。

白髪染めによって異常を感じた場合には、すぐに白髪染め剤の使用をやめ、できるだけ早く皮膚科を受診してください。

白髪染めはもう一生できないの?とお悩みの方へ

『ジアミンアレルギーを発症したら、もう一生白髪染めはできないの?』とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

ジアミンアレルギーがある場合、ジアミンが含まれている白髪染め剤の使用はできませんが、ジアミンの含まれていない無添加の白髪染めなら使用することができます。

現在では、ジアミンアレルギーをお持ちの方や、敏感肌の方のために天然素材のみを使用した白髪染めが販売されており、子供やお年寄りでも安心して使用できる白髪染めもあります。

無添加の白髪染めなら頭皮や髪の毛にダメージを与えることがなく、しかも使えば使うほどに髪に艶が出てきます。お風呂に入ったついでに気軽に素手で染められるのも便利です。

需要の高まりに応え、カラーも充実してきていますので、ご自身の好みに合ったものを選んでおしゃれを楽しんでくださいね。

※なお、無添加の白髪染めでジアミンアレルギーを引き起こすことはありませんが、天然成分でアレルギーを引き起こす可能性はあります。アレルギーをお持ちの方は、成分表示をよくご確認の上でご使用ください。

無添加白髪染め・ヘアカラートリートメント 比較評価ランキング

利尻ヘアカラートリートメントのレビュー・口コミ評価

こちらの記事もあわせてどうぞ。

白髪が生えるメカニズムとは?白髪の原因と予防・改善方法

あなたが白髪を染めたくない理由って一体何ですか?

ショック!もみあげに白髪が固まって生える意外な原因と対処法

白髪染めはいつから?どれくらい白髪が増えたら染めるべき?

20代なのにどうして白髪が生えるの?若白髪の原因と予防法・改善法

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク