白髪染め剤やヘアカラー剤の正しいパッチテスト方法

image

白髪染めやヘアカラーを行う際には、アレルギーや皮膚炎を予防するためにも必ずパッチテストを行いましょう。

このページでは、白髪染め剤やヘアカラー剤でパッチテストが必要な理由と、正しいパッチテスト方法について解説しています。

どうして白髪染め剤やヘアカラー剤でパッチテストが必要なの?

白髪染め剤やヘアカラー剤のメーカーは、使用前に必ずパッチテストを行うことを明記しています。これは、白髪染め剤やヘアカラー剤に含まれる成分によって炎症やアレルギーを引き起こす恐れがあるためです。

まず、現在販売されているヘアカラー剤の多くはアルカリ性の薬剤と酸化剤に分かれています。使用時にこの2つの薬剤を混ぜ合わせることで、髪の毛の内部まで色を浸透させます。

アルカリ性の薬剤には、髪の毛の表面のキューティクルを開き、そこから染料をしみ込ませる働きがあります。また、酸化剤には髪の毛の色(メラニン色素)を脱色し、発生した酸素によって染料を発色させる働きがあります。

このように、ヘアカラー剤には刺激の強い成分が含まれているため、使い続けることで髪のキューティクルが開いて内部のたんぱく質が溶け出し、パサつきや枝毛・切れ毛の原因となります。また、頭皮にも刺激となるため、痒みやかぶれなどの炎症を引き起こしやすくなります。

また、白髪染めに多いのが、染め液が2剤タイプではなく、1剤タイプのものです。こちらは染料が酸素と結びつくことで染料が発色します。

多くの白髪染めにはパラフェニレンジアミン(以下、ジアミン)という合成化学染料が含まれています。このジアミンという成分にはアレルギーを引き起こしやすい性質があります。

現在、白髪染めによってアレルギーを引き起こし、皮膚科を受診する人が増加しており、消費者庁などが注意を呼びかけています。

このように、白髪染め剤やヘアカラー剤には接触皮膚炎やアレルギーを引き起こす恐れのある成分が含まれています。そのため、薬剤を使用する前に必ずパッチテストを行い、皮膚に異常が出ないかをあらかじめチェックしておく必要があります。

ジアミンアレルギーの症状については、以下の記事をご参照ください。

ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?

自宅で白髪染めをしたら頭皮がかぶれて痒い!原因と対処法は?

白髪染め剤やヘアカラー剤のパッチテスト方法

市販の白髪染め剤やヘアカラー剤を使用する際には、必ず毎回パッチテストを行うようにしてください。

過去に行った白髪染めやヘアカラーで何の問題もなかったとしても、今回も大丈夫だとは限りません。体調や体質の変化によって、突然皮膚炎を起こしたり、アレルギーを発症することがあります。

パッチテスト方法

パッチテストは、ヘアカラーを行う予定日の48時間前に行います。

  1. ヘアカラー剤を少量取り出し、1剤と2剤がある場合には混ぜておく
  2. 二の腕の内側に、1のヘアカラー剤を10円玉サイズに塗布する
  3. 30分程度放置してから薬剤を拭き取る
  4. 薬剤を塗布した部分の皮膚反応を観察する

パッチテスト後の経過観察

パッチテストによる皮膚の反応は、すぐに出る場合もあれば、遅れて出てくる場合もあります。48時間後までしっかりとチェックしましょう。

まずは、拭き取った後の1時間ほどで反応が出ていないかを観察します。

  • 赤くなる
  • ヒリヒリする
  • しみる
  • 痒くなる
  • かぶれる
  • 水泡ができる
  • 皮がむける
  • 瘡蓋(かさぶた)になる

接触皮膚炎の場合は、比較的早く反応が出る傾向があります。また、アレルギーの場合には、即座に反応が出るものから1〜2日後に反応が現れるものまで様々なケースがあります。

パッチテスト後にこのような反応が出た場合には、白髪染め剤やヘアカラー剤のご使用をおやめください。

無添加白髪染め・ヘアカラートリートメント 比較評価ランキング

こちらの記事も合わせてどうぞ。

あなたが白髪を染めたくない理由って一体何ですか?

白髪染めはいつから?どれくらい白髪が増えたら染めるべき?

前髪や生え際にだけドッサリ白髪が増えてしまう原因と対処法

20代なのにどうして白髪が生えるの?若白髪の原因と予防法・改善法

白髪を隠すならどの方法?抜く?切る?染める?正しい対処法は?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。