どちらがいい?市販の白髪染めとヘアカラートリートメントを徹底比較!

image37

あなたは、今お使いの白髪染めに満足していますか?

白髪染めには、市販品に多い合成化学染料の製品と、無添加・天然染料の製品があります。

合成化学染料を使った白髪染めは、よく染まるけど髪が傷みやすい。かといって、無添加の白髪染めは仕上がりに不満。どちらのタイプも一長一短で、結局どれを使ったら良いのか悩みどころですよね。

このページでは、市販の一般的な白髪染めと無添加のヘアカラートリートメントを比較しています。ぜひ今後の白髪染め選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販の白髪染めvsヘアカラートリートメント、選ぶならどっち?

合成化学染料が含まれた市販の白髪染めと無添加の白髪染めの特徴をまとめました。まずは、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

市販の白髪染めの特徴

スーパーや薬局で販売されている白髪染めの多くは合成化学染料が含まれています。多くの方が、一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。

合成化学染料が含まれた市販の白髪染めは、価格がお手頃なので気軽に購入できます。また、色が豊富で、綺麗に染まりやすく、染めた色が長持ちしやすいというメリットもあります。

その反面、薬剤特有のツーンとした臭いが気になったり、刺激が強いため頭皮や髪の毛を傷めやすいのが難点です。白髪染め剤に含まれるパラフェニレンジアミン(PPDA)という合成化学染料がアレルギーを引き起こしやすいということも問題視されています。

ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?

根元に白髪が伸びてくると目立ちますので、白髪染めは通常のカラーリングよりも頻繁に行う必要があります。しかし、染める頻度が上がれば上がるほど、頭皮や髪の毛に負担をかけてしまいます。

特に年齢を重ねた頭皮は肌のバリア機能や細胞の再生機能が低下しているため、ダメージが蓄積されると薄毛や抜け毛を誘発してしまう恐れもあります。

メリット デメリット
  • 色落ちしにくい
  • 色の種類が豊富
  • 発色が良い
  • 低価格
  • 髪が傷む
  • 頭皮にダメージを与えやすい
  • アレルギーを引き起こす恐れがある

ヘアカラートリートメントの特徴

無添加・天然素材の白髪染めとして人気が高まりつつあるヘアカラートリートメントですが、あまり店頭に並んでいないため、手にする機会は少ないかもしれません。

ヘアカラートリートメントは厳選された無添加の原料が使われているため、価格が比較的高めです。また、天然染料なので、鮮やかにはっきりと染まる合成化学染料に比べると、やや染まりにくく、色落ちしやすいというデメリットがあります。

ヘアカラートリートメントの最大のメリットは、いくら染めても頭皮や髪の毛を傷めないということでしょう。

また、いつでもお風呂で使えますので、染め忘れて根元の白髪が目立ってくるということもありません。普段お使いのシャンプーやトリートメントを置き換えるだけなので、わざわざ『髪を染める』という作業をする必要もありません。

髪の毛だけを染めるため、皮膚が黒く染まることもなく、素手で染められるのも便利です。

メリット デメリット
  • 髪が傷まない
  • 頭皮にダメージを与えない
  • 周囲を汚さない
  • 素手で染められる
  • お風呂で毎日使える
  • やや染まりにくい
  • やや色落ちしやすい
  • 価格が高め

できるだけ髪や頭皮を傷めない白髪染めの使い方は?

市販の白髪染めにもヘアカラートリートメントにも、それぞれにメリット・デメリットがあります。

アレルギーや肌荒れを防ぐためにはヘアカラートリートメントを使う方がいいのですが、染まり具合に不満があるという人もいるかもしれません。

そこで、できるだけ髪や頭皮を傷めないような白髪の使い方について考えてみました。

白髪の量が少ない人はヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪の本数がまだ少ない人はしっかりと染める必要がないので、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

確かにヘアカラートリートメントは市販の白髪染めに比べると染まりにくいのですが、まだ白髪の本数が少ない段階ではある程度が染まれば目立つことはありません。

化学染料が含まれた白髪染めを使うと、少なからず頭皮や毛根にも負担がかかりますので、健康的な黒髪にまで悪影響が及ぶ可能性もあります。

将来的に白髪が増えてしまうのを予防するためにも、髪や頭皮を傷めない無添加の白髪染めを選ぶのが良いでしょう。

白髪の量が多い人は市販の白髪染めとの併用がおすすめ

白髪が増えてくると、ヘアカラートリートメントだけでは染まり具合が物足りないと感じることがあるかもしれません。しかし、市販の白髪染めを頻繁に使うと、やはり髪や頭皮に負担をかけてしまいます。

市販の白髪染めを使いたい場合には、ヘアカラートリートメントを併用するのがおすすめです。

市販の白髪染めは比較的きれいに染まりますが、永久にカラーを保てるわけではなく、しばらくすると色が抜けてしまいます。それに加え、薬剤の刺激が強いため、使い続けるほどに髪が傷み、色が抜けやすくなります。頭皮にもダメージを与えるため、かぶれや炎症を引き起こしたり、頭皮の老化を促進してしまう恐れもあります。

このような髪や頭皮への負担を減らすためには、刺激のある薬剤を使用する回数をできるだけ減らす必要があります。

ヘアカラートリートメントは髪の表面をコーティングするものですので、ダメージを補修し、中のたんぱく質が流出してしまうのを防ぐ働きがあります。そのため、ヘアカラートリートメントを併用すれば、市販の白髪染めの効果を長持ちさせることができますし、使えば使うほど髪に艶が出るという嬉しい効果もあります。

ヘアカラートリートメントを併用するメリットは他にもあります。

image566

白髪が増えてくると、こまめに白髪染めをしていても、どうしても髪の根元が白くなり、目立ってしまいます。定期的に染めるとしても2〜3週間に1回程度が限度でしょう。

しかし、ヘアカラートリートメントなら髪や頭皮のダメージを気にすることなく、いつでも染めることができます。こまめに染めていれば、髪の根元が白くて目立つという心配もありません。

1〜2ヶ月に1回 は市販の白髪染めを使い、普段はヘアカラートリートメントを使うというのが、髪や頭皮のダメージを最小限にし、なおかつ綺麗な色を維持できるおすすめの使い方です。

利尻ヘアカラートリートメントのレビュー・口コミ評価

無添加白髪染め・ヘアカラートリートメント 比較評価ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

あなたが白髪を染めたくない理由って一体何ですか?

自宅で白髪染めをしたら頭皮がかぶれた!これってアレルギー?

ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?

白髪が生えるメカニズムとは?白髪の原因と予防・改善方法

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク