白髪を隠すならどの方法?抜く?切る?染める?正しい対処法は?

image98

白髪は老化現象の一つ。誰でも年を取るごとに増えていくものですが、白髪を見つけてしまうとやはりガッカリしてしまいますよね。

あなたは、白髪をどのように対処していますか?

抜く・切る・染める…。結局どれが一番いい対処法なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪を隠すならどの方法?白髪が生えたらどう対処するべき?

image772

白髪が生えたときの対処法には様々なものがあります。しかし、間違った対処を行なうと、頭皮にダメージを与えることも。それぞれの対処法のメリット・デメリットについて解説します。

白髪を抜く

白髪を見つけると、ついつい抜いてしまいがち。白髪は抜いても大丈夫なのでしょうか?

白髪を抜くと増えるという噂がありますが、実は医学的根拠はありません。髪の毛を黒くするメラニン色素を作っているメラノサイトは、それぞれの毛根ごとに独立して存在しています。

そのため、ある一つの毛根にあるメラノサイトが機能しなくなっても、別の毛根にあるメラノサイトに影響を及ぼすということはありません。ある毛根から生えてきた白髪を抜いたら、別の毛根から白髪が生えてくるということも起こりません。

ただし、髪の毛を無理矢理抜くと、毛根がダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた毛根からは、うねりのある髪や、細い髪、艶のない髪が生えるようになります。さらに何度も抜き続けると、最終的にはその毛穴から髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

また、抜いた毛穴に雑菌が入ると、炎症を起こしたり毛嚢炎にかかる恐れがあります。白髪が生え始める時期というのは、同時に髪の毛のボリュームが減ってきたり、髪質が変わる時期でもあります。

そのような時期に髪の毛を抜くということは、将来の髪や頭皮に悪影響を及ぼすことにほかなりません。10年後20年後を見越して、白髪は抜かずに大切に残しておきましょう。

白髪を切る

白髪を根元から切るという方法もあります。白髪を切っても頭皮や髪のダメージにはなりませんので、それほど白髪が多くない場合にはおすすめの方法です。

ただし、カットした白髪が1~2センチ程に伸びてくると、つくしのように髪の中からピンと飛び出してしまい、逆に目立ってしまうというデメリットもあります。

しばらく白髪チェックを怠ると、飛び出た白髪を誰かに指摘されて恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。白髪を根元からカットする場合は、白髪が飛び出していないか毎日チェックする必要がありそうです。

市販の白髪染めを使う

白髪の本数が増えてきたら、どうしても白髪を染める必要が出てきます。しかし、市販の白髪染めは普通のカラーリング剤以上に髪の毛へのダメージが大きいことをご存知でしょうか?

白い髪の毛を黒くするためには強い薬剤を使い、しっかりと色を定着させなければなりません。そのため、白髪染めを繰り返すと髪の毛の水分が失われ、他の健康な黒髪にまでダメージが及んでしまいます。

白髪染めを始めてからどっと白髪が増えたり、髪の量が減ってしまったという声も多く聞こえてきます。

まだ白髪がそれほど多くない段階では別の手段を活用し、白髪染めは『最終手段』として取っておくのも一つの方法。

自分で白髪染めを行う場合は、安価な毛染め剤を選ばず、できるだけ髪や頭皮へのダメージが少ない天然素材の薬剤を選ぶのがおすすめです。

ヘアマスカラをする

ヘアマスカラは、1日だけ白髪隠しをしたいときに使用します。洗えば全て流れ落ちてしまうので、1日しか持続しませんが、お出かけ前に目立つ白髪をさっと隠せるというのは便利。

しかし、広範囲を一度に染めるのには向いていませんので、部分的な白髪隠しにおすすめです。例えば、前髪やこめかみなど部分的に白髪が固まって生えた場合や、まとめ髪を作った後に白髪の飛び出しに気付いた場合などに、簡単に白髪を隠すことが可能です。

白髪用ヘアカラートリートメントを使う

使っているうちに徐々に染まるカラーシャンプーやトリートメントを利用するのも方法です。毎日のバスタイムの行程に組み込むだけなので、染め忘れるということがなく、無理なく続けられるというのがメリットです。

市販の白髪染めとの違いは、白髪染めが髪の毛の内部まで染め上げるのに対し、ヘアカラートリートメントは髪の表面をコーティングすることで髪に色をつけていくということです。

そのため、市販の白髪染めは使えば使うほど髪が傷んでいくのに対し、ヘアカラートリートメントはいくら使っても髪の毛を傷めることがありません。

それどころか、髪の毛の表面をコーティングすることでキューティクルを保護し、長く艶を保つことが可能す。

また、ジアミンのような合成化学染料が使われていないため、頭皮にダメージを与えることがなく、アレルギーの心配もありません。使い続けても、頭皮を痛めたり髪が細くなるなどのダメージがなく、むしろトリートメント効果で髪の毛を美しく保つことができます。

ただし、ヘアカラートリートメントは髪を洗うたびに少しずつ表面の色が剥がれ落ちてしまうため、市販の白髪染めに比べると長持ちしないというデメリットがあります。

無添加白髪染め・ヘアカラートリートメント 比較評価ランキング

結局、白髪を隠すならどの方法が一番いいの?

image62

結局、白髪を隠すならどの方法が一番いいのでしょうか。

白髪の本数によって対処法を変えていくというのが、今のところ最も合理的な方法ではないかと考えられます。

白髪が少ないうちは根元からカットする

白髪が数本しか生えてこないうちは、白髪を抜いたりせずに根元から短くカットしましょう。白髪は再び黒髪に戻ることもありますので、抜いて毛根を傷つけるよりは、カットした方が良いのです。

白髪が生えてくる大体の場所を覚えておけば、白髪の飛び出しチェックもわりと簡単にできます。白髪が増えてきたら、明るめのカラーリングをしたり、徐々にヘアカラートリートメントや白髪染めなどに切り替えていきましょう。

白髪染めをすると、さらに白髪が増える?

白髪染めをするようになってから急に髪のボリュームが減ったと感じたことはありませんか?実は、合成化学染料が頭皮や毛根に大きなダメージを与え、白髪や薄毛が増加している恐れがあります。

市販の白髪染めには、パラフェニレンジアミン(PPD)という合成化学染料が含まれており、ジアミンアレルギーを引き起こす可能性があるとして、消費者庁や消費者安全調査委員会が注意を呼びかけています。

ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?

ジアミンが含まれた白髪染め剤を使用する際には、パッチテストを行い、アレルギー症状が出ないか十分にご注意ください。

白髪を予防・改善する栄養素を摂取する

白髪を隠すだけでなく、白髪が生えにくい身体作りをしていくことも大切。

白髪が生える原因の一つに、栄養不足が挙げられます。特に亜鉛や鉄分などのミネラルや動物性たんぱく質が不足すると、健康的な髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

継続的にバランスのとれた栄養素を摂取することが難しい場合は、サプリメントなどを利用するのも一つの方法です。

黒髪サプリ&白髪ケアサプリ人気ランキング

無添加白髪染め・ヘアカラートリートメント 比較評価ランキング 

こちらの記事もあわせてどうぞ。

20代なのにどうして白髪が生えるの?若白髪の原因と予防法・改善法
白髪が生えるメカニズムとは?白髪の原因と予防・改善方法
妊娠中の白髪染めってどうしてる?胎児・赤ちゃんへの影響はあるの?
あなたが白髪を染めたくない理由って一体何ですか?
女性の薄毛にも影響する『5αリダクターゼ』を抑制する方法
FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク