アラサー女性のための、30代からはじめる白髪予防対策

image

30代はまだまだ若いはず。そうは思っていても、いつの間にか白髪がちらほらと生えていて、ショックを受けたことはありませんか?

白髪は老化の象徴とされることも多く、老けてみられる原因の一つ。不規則な生活や暴飲暴食を続けていると、あっという間に白髪が増える恐れも。

しかし、白髪が生えてきたからといって諦める必要はありません。白髪は正しいケアで改善することが可能なのです。

このページでは、30代からはじめるべき白髪予防対策についてご紹介します。

(photo by luke chan)

スポンサーリンク

30代は体質変化の起こりやすい時期

30代で白髪なんて早すぎると感じていませんか?

30代は様々な体質の変化が起こりやすい時期です。新陳代謝が落ち、細胞が老化に向かいはじめ、徐々に体力の衰えを感じるようになります。

若くみずみずしかった肌が次第に弾力を失い、皺やシミができていくように、髪にもハリやコシがなくなり、白髪が生え始めます。

実は、白髪が生えはじめる平均的な年齢は、男性が30代半ば、女性が30代後半と言われています。30代で白髪が生えるのはごく自然なことなのです。

しかし、年齢を重ねても美しい黒髪を維持している人がいるのも事実。その差は一体何なのでしょうか?普段からコツコツと地道に行なっている頭皮ケアや毛髪ケアの積み重ねが、今後の髪の健康を大きく左右することは言うまでもありません。

白髪を抜くと増えるって本当?どれくらい白髪が増えたら白髪染めをはじめるべき?

白髪を予防する食事や生活習慣とは?

『白髪が生える年齢は遺伝で決まる』と思っている方も多いかもしれません。もちろん、遺伝や体質も重要な要素ですが、普段の生活習慣や食事も髪の健康状態に大きな影響を与えます。ぜひ、髪にいい生活習慣を実践してみてください。

洗浄力が強すぎないシャンプーを使用する

あなたは普段どんなシャンプーを使っていますか?

市販のシャンプーの多くに洗浄力の強い合成界面活性剤が使用されています。洗浄力が強いシャンプーを使い続けると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流され、乾燥を招いてしまいます。

乾燥は、老化を促進させます。30代は顔や身体の肌質が変化する時期。デリケートな頭皮を保護するために、アミノ酸系・無添加のシャンプーを使用することをおすすめします。

美容師おすすめ!自宅でできる炭酸ヘッドスパ・炭酸シャンプーの方法と効果

質の良い睡眠をとる

睡眠は、私たちの身体が疲労を回復し、新たな細胞を生み出すために必要なものです。十分な睡眠が取れないと、身体は疲労を回復することができず、細胞が弱り果ててしまいます。夜10時から深夜2時の間は最も成長ホルモンが分泌され、髪の毛が育つ時間帯です。この時間帯には必ず睡眠中の状態であることが必要です。

眼精疲労は厳禁

髪の毛の成長を阻害する要因に眼精疲労があります。眼精疲労は、頭皮の筋肉を硬直させ、血流を著しく悪化させます。頭皮の血流が悪くなると毛根に栄養が行き渡らなくなるため、こめかみや前頭部に集中して白髪が生えやすくなります。

特に、仕事で長時間のデスクワークを行っている方、PCやスマホを長時間眺めているという方は注意が必要。定期的に窓の外の景色を見たり、目の運動をすることで眼精疲労を予防するようにしてください。

ストレスをためない

ストレスが溜まると自律神経が乱れ、毛細血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなります。すると、毛根に十分な酸素と栄養が行き届かなくなるため、メラノサイトの働きが弱まり、白髪が生えやすくなります。

ストレスには、精神的なものと肉体的なものがあります。運動不足もストレスをため込みやすくなる原因の一つです。定期的にストレスを発散する手段を身に付けておくことが大切です。

バランスの良い食事

私たちの身体は食べたものによって作られています。肉類・魚介類・野菜・穀物などすべてが身体に必要な栄養素を含んでいます。肉だけ、野菜だけということではなく、全てにおいてバランスの取れた食事をとることが、髪の健康を維持する一番の方法です。

白髪を予防する栄養素

髪の毛の健康を維持するためには、髪に必要な栄養素を十分に摂取することが大切です。髪の毛の材料となるたんぱく質はもちろんのこと、メラニン色素の原料であるチロシンや、亜鉛・銅・鉄分などのミネラルも必要です。

これらの栄養素が不足すると、白髪が増加したり、髪が抜け落ちたりします。特に女性の場合はミネラルが不足しがちですので、意識して取り入れるようにしましょう。

白髪を予防・改善する食べ物・黒髪を増やすために必要な栄養素とは?

  • たんぱく質
  • 亜鉛
  • 鉄分(ヘム鉄)

動物性たんぱく質

髪の毛や皮膚はたんぱく質によって作られていますので、たんぱく質を摂取することで白髪の改善が期待できます。

近年、植物性の食品がヘルシーであるとして推奨されることが増えました。植物性たんぱく質の代表としては、豆腐や納豆などの大豆製品があります。

確かに、植物性たんぱく質はカロリーやコレステロール値が低いので、健康的なイメージがあります。しかし、植物性たんぱく質は栄養の吸収率が低いため、これだけで1日の必要量を満たすのは非常に難しいというのが実情です。

たんぱく質が不足すると、肌に艶や弾力が無くなり、髪の毛も細くなります。また、内臓が弱くなり、身体の免疫力が落ち、病気にかかりやすくなります。

健康的な髪の毛を保つためにも、動物性たんぱく質を含む肉や魚介類、乳製品、卵などをしっかりと摂取し、動物性・植物性の両方をバランスよく食べることをおすすめします。

亜鉛

摂取したたんぱく質をケラチンに変えるときに必要となる成分です。亜鉛が不足すると、薄毛や白髪などの症状が引き起こされます。

チロシナーゼという酵素を合成するときに必要となる成分です。チロシナーゼは、髪の毛を黒くするメラニン色素の合成に必要となる酵素です。

ヘム鉄

鉄分は、頭皮の血流を良くし、酸素や栄養を運ぶために必要な成分です。鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血を引き起こし、抜け毛や白髪が増加することがあります。

鉄分の中でも動物性由来のヘム鉄は、植物性由来の非ヘム鉄よりも吸収率が圧倒的に良いとされています。肉や魚などの動物性の食品もしっかりと食べるようにしましょう。

髪の毛は健康のバロメータでもあります。艶のある美しい髪の毛の持ち主は、心も身体も健康的であることが多いのです。ぜひ身体の内側から髪のアンチエイジングに取り組んでみてください。

黒髪サプリ&白髪ケアサプリ人気ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

白髪を抜いたら増えるor禿げるって本当?正しい白髪ケア方法は?
ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?
実例写真あり 金属アレルギーが円形脱毛症や白髪の原因となる恐れ
前髪が少ないと感じたら薄毛のサイン!自力で増やす方法は?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク