白髪染めはいつから?どれくらい白髪が増えたら染めるべき?

image58

白髪が増えはじめたときに疑問に思うのが、『白髪染めっていつからはじめればいいの?』ということ。

白髪って、たった1本しか生えていなくてもキラッと光に反射して目立ちますよね。

でも、目立つからといって白髪の本数が少ないうちから白髪染めをすると、髪や頭皮を傷めてしまいそうな気もします。

  • 白髪染めをはじめるタイミングは?
  • 白髪を染めはじめる平均的な年齢は?
  • どれくらい白髪が増えたら白髪染めをはじめるべき?

白髪染めはいつから、どのタイミングではじめるべきなのでしょうか?

このページでは、白髪染めを始めるべきか迷っている方に向けて、始めるタイミングや適切な白髪ケア方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪は何歳から染める?30代で白髪染めはまだ早い?

美容やアンチエイジングは女性にとって永遠のテーマ。

『みんなは白髪染めを何歳からはじめた?』『自分の年齢ではまだ早すぎる?』と気になる人もいるかもしれません。

白髪を染めはじめる年齢は人それぞれ。人によって顔や体型が異なるように、白髪が生える年齢も異なります。

白髪が生えはじめる年齢が早い人もいれば、遅い人もいます。体質的に若いうちから白髪が生える人もいますし、逆に60代になってもほとんど生えないという人も。

また、白髪を染めるか染めないかもその人の自由。白髪をあえて染めずに自然体で過ごす人もいます。ですから、何歳だから早すぎるといったことは気にする必要はありません。

白髪が生えはじめる平均年齢は30代

白髪が生える年齢は体質によって異なりますが、平均的には男性が30代半ば女性が30代後半と言われています。そのため、女性なら30代後半から40代前半で白髪を染め始める人が多いのではないでしょうか。

白髪が生える原因には、ストレス、食事、生活習慣、加齢、遺伝など様々なものがあります。

30代になると徐々に体力が下がり、病気や体調の変化が目に見えて増えてきます。また、家庭や職場などで社会的な責任も重くなり、ストレスやプレッシャーが増える時期でもあります。

生えてきた白髪をどのようにケアするかということも重要ですが、白髪が増えないように気を配りながら健康的な生活を送ることも大切です。

どれくらい白髪が増えたら白髪染めをするべき?

image772

白髪が生え始めたときに悩むのが、白髪染めをはじめるタイミング。どれくらい白髪が増えたら白髪染めに移行すべきなのでしょうか?

白髪が少ないうちは普通のカラーリングでOK

髪をかき分けたときに見つかる白髪の本数が2〜3本程度であれば、まだ白髪染めをする必要はありません。サロンでも白髪染めはまだ早いと言われる可能性が大きいでしょう。この段階なら、髪全体に明るめのカラーリングをするだけで白髪がほとんど目立たなくなります。

もう少し白髪が増えてきたら、全体にメッシュを入れて、カラーリングに奥行きを出すのがおすすめ。

現在では髪を素敵な色にカラーリングした40代〜50代の女性も多いので、将来的なスタイリングの参考にするのも良さそうですね。

まとめ髪なら白髪が目立たない

白髪の量が少ないうちは、まとめ髪をするのもおすすめ。髪の内側に生えている白髪が表に出てくることはありませんので、白髪を気にせずに過ごせます。

まとめ髪をした後に、髪の表面に見えている白髪はヘアマスカラで塗っておきましょう。

一旦白髪染めを始めると、継続して染めなければいけませんし、頭皮や髪の毛を傷めやすいので、染めずに済むなら染めない方が良いのです。

白髪は抜いても大丈夫?

白髪を抜くと増えるとか、白髪を抜くと将来禿げるという言葉をたびたび耳にします。白髪を見つけたらつい抜いてしまいたくなりますが、抜いても大丈夫なのでしょうか?

実は、髪の毛の構造上、ある毛穴から白髪が生えたとしても、別の毛穴に影響することはありません。つまり、白髪を抜いたとしても、それが影響して白髪が増えてしまうということはありえません。

なぜなら、髪の毛を黒くするメラニン色素を生成する働きのあるメラノサイト(色素細胞)は、それぞれの毛根に独立して存在しているからです。

ただし、白髪を抜くことで新たに別の頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

健康的な髪の毛を抜くことで、毛穴が炎症を起こしたり、毛包炎の原因になることがあります。

また、髪の毛を無理やり引き抜くという行為は、毛根周辺の細胞に損傷を与えます。このような損傷が蓄積されれば、細胞の活性は弱まり、髪質が悪化したり、髪の毛自体が生えてこなくなる恐れもあります。

将来、髪のボリュームを保つためにも、白髪を抜くのはできるだけやめておきましょう。

白髪を根元からカットするのはアリ?ナシ?

白髪の量が少ないうちは、抜いたり染めたりするよりも、根元からカットする方が断然おすすめです。

白髪を抜くと毛根を傷める恐れがありますが、カットするだけなら全く問題ありません。

ただし、白髪を根元からカットした場合、少し伸びてきたときにツクシのように白髪がピンと立つので、他人から気づかれやすいかもしれません。

このような場合には、白髪が生えている場所をあらかじめ覚えておき、定期的にチェックしておくと良いでしょう。

白髪染めで白髪が増えるって本当?

『白髪染めを始めてから急に白髪が増えた』という話を聞いたことはありませんか?

実はこれ、単なる噂話などと片付けることはできないかもしれません。

市販の白髪染めには、頭皮や髪の毛を傷める化学成分が含まれています。繰り返し白髪染めを行うことで、細胞へのダメージが蓄積され、白髪や抜け毛の増加につながる可能性もあります。

白髪染めで引き起こされるジアミンアレルギーに注意

一般的な市販の白髪染めには、ジアミン(=パラフェニレンジアミン、PPD)という合成化学染料が使用されています。

ジアミンは髪染め剤に広く使用されている成分です。鮮やかな色に染められるというメリットがある一方で、単体では劇薬に指定されている国もあるほど強い作用を持ち、接触皮膚炎アレルギーを引き起こやすいことが知られています。

ジアミンアレルギーの症状としては、かぶれ炎症化膿顔面の腫れなどが報告されています。また、アナフィラキシーショックで重篤な症状に陥ることもあります。

このような白髪染めによる症状で病院を訪れる人が増加していることから、消費者庁や消費者安全調査委員会などが注意を呼びかけています。

はじめのうちは症状が出ない場合でも、何かの拍子に突然アレルギーの引き金を引いてしまう恐れもあります。

ジアミンは、市販の白髪染めだけでなく、サロンで使用されているものにも同様に含まれていますので、十分な注意が必要です。

詳しくは、ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?をご参照ください。

トリートメントタイプの白髪染めが便利

本格的な白髪染めをはじめる前に、まずは無添加のヘアカラートリートメントを活用するのがおすすめです。

白髪が少ないうちから白髪染めを始めてしまうと、まだ健康的な状態の黒髪にまでダメージが及んでしまう可能性があります。

わずかな白髪のために、他の大部分の髪の毛や頭皮まで傷めてしまっては本末転倒です。

これまで、天然素材の白髪染めといえばヘナが有名でした。

ヘナを実際に使ったことがある人ならご存知だと思いますが、扱いが面倒ですし、慣れるまではある程度のコツを必要とします。自分ではなかなかうまく染められなかったり、染めムラができてしまうことも。

この点、ヘアカラートリートメントなら誰でも簡単に綺麗に染められます。ヘアケアの行程で自然に髪が染まっていくので、髪を染め直す煩わしさもありません。

また、トリートメント効果もありますので、使えば使うほど髪にツヤが出て、しっとりサラサラの手触りに。頭皮や髪を傷めないので、長時間使用することも可能です。

当サイトでも、実際にヘアカラートリートメントを使用し、染まり具合や使用感などをレビューしています。ぜひ参考にしてみてください。

⇒ 【写真あり】利尻ヘアカラートリートメントのレビュー・体験記 1ヶ月使用の結果

白髪を予防する方法は?改善することは可能?

image66

白髪は年齢とともに増えていくものですが、できることなら予防したいと考える人も多いはず。

白髪が増えるのを遅らせる方法はないのでしょうか?また、一旦生えてきた白髪を改善することはできないのでしょうか?

『白髪が生えやすい体質』などど諦める必要は無し!

白髪の生え方は遺伝や体質に影響されます。両親に白髪が多いとか若白髪が生えていたなどの特徴があれば、子供も同じような特徴を受け継ぐことがあります。

しかし、実は食事や生活習慣が影響している場合もあります。家族であれば、同じ食事をとり、生活習慣も似ています。親が知らず知らずのうちに白髪が生えやすい習慣を送っていれば、子供もそうなる可能性が高いのです。

美容や健康を保つためには、毎日の食事や生活習慣がとても重要です。

例えば、ここに同じ遺伝子を持つ双子が存在したとしましょう。一人は、毎日バランスの良い食事をとり、適度な運動をし、質の良い睡眠をとっていたとします。これに対し、もう一人は偏食家で、不規則な生活を送り、お酒やタバコが大好きだったとします。

年齢を重ねた時、この双子の容姿はそっくりなままでしょうか?

たとえ同じ遺伝子を持っていたとしても、長年の食事や生活習慣の積み重ねが、その後の健康状態や容姿を変えてしまいます。

これは、あなた自身にも当てはまることです。白髪が生えやすい体質などと諦める必要はありません。適切な白髪ケアをした場合としなかった場合とでは、将来の白髪の量はきっと違っているはずです。

ストレスは白髪を増やす

白髪が増える大きな原因の一つにストレスがあります。

ストレスが溜まると、身体を維持するために重要な働きをする自律神経のバランスが崩れ、様々な体調不良や病気を引き起こします。

ストレスは交感神経を優位にするため、身体は緊張状態になり、抹消血管が収縮します。すると、頭皮の血流が悪化し、毛根に栄養が行き届かなくなります。この状態が続くと、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きが弱まってしまいます。

髪の毛は、メラニン色素が加わることではじめて色がつきますので、生成されなくなると白髪が生えるようになります。心労や肉体的ストレスが重なると、一気に白髪が増えてしまうのはこのためです。

白髪を増やさないためには、ストレスを溜め込まないようにしながら、適度に発散していくことも大切です。

洗浄力の強いシャンプーは老化を早める

毎日使っているシャンプーを何気なく選んだりしていませんか?

あなたが使っているシャンプーも、頭皮の老化を促進させている一因かもしれません。

市販の低価格帯のシャンプーには、洗浄力の強い界面活性剤が含まれています。ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどといった成分を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

これらの成分は、原価が安く泡立ちやすいというメリットがある反面、皮膚に刺激があり、洗浄力が強いというデメリットがあります。

洗浄力や刺激の強い成分で毎日頭皮を洗っていれば、頭皮の油分は根こそぎ奪われ、乾燥を促進させしてしまいます。

年齢を重ねると、頭皮の水分量が減り、皮脂の分泌も落ち着いてきます。基礎化粧品を年齢によって変えていくように、シャンプーも相応しいものに変えていきましょう。

洗浄力がソフトなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。アミノ酸系シャンプーは、身体の組織に近い洗浄成分が使われているため、髪や頭皮を傷めにくいのが特徴です。

毎日使う物だからこそ、できるだけ頭皮に良い素材のものを選んでくださいね。

食事で白髪を改善するには?

白髪はできるだけ増やしたくないもの。一気に増えてしまう前に、毎日の食事を見直してみませんか?

黒髪を作るために必要な食べ物や栄養素を摂取することで、白髪を予防し、健康的な黒髪を維持することができます。

ここからは、白髪の予防に役立つ食品をいくつかご紹介しましょう。

チーズ

パルミジャーノ・レッジャーノという種類のチーズには、メラニン色素の原料となるチロシンというアミノ酸が豊富に含まれています。表面に粉を吹いていて、食べるとジャリジャリ感があり、風味の良いチーズです。

髪の毛の健康に役立つたんぱく質、鉄分、ビタミンB、パントテン酸、ビタミンEなども含まれています。

納豆

納豆にも、チロシンが多く含まれています。少し時間が経った納豆には、表面に白っぽいつぶつぶが浮き上がってきますが、これがチロシンの結晶なのだそうです。

また、納豆には女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンが含まれています。女性ホルモンには毛髪を美しく保つ作用がありますので、ホルモンバランスを整えることも髪の健康を保つために役立ちます。

美味しくてお手頃な納豆なら、毎日でも食べたいですね。

黒胡麻

黒胡麻には、亜鉛鉄分などのミネラルや、ビタミンEビタミンAビタミンBなどのビタミン類が豊富に含まれています。

これらのミネラルやビタミンは、髪の毛を作るために必要不可欠な栄養素であり、不足すると白髪の増加を引き起こすことがあります。

また、黒胡麻には抗酸化物質として知られるアントシニアンも含まれています。

ゴマには白胡麻や金胡麻などもありますが、古くから白髪の改善に用いられてきたのは黒胡麻。やはり、黒い色に含まれるアントシアニンに意味があるのではないかと考えられます。

日本においては、アントシアニンは薬効成分とは認められていませんが、欧米では医薬品として使用されるケースもあるそうです。

胡麻は表面の殻が固いため、そのまま食べても栄養は吸収されません。すりごまや練りごまにして食べましょう。

サプリメントを利用するのも◎

健康的な髪の毛を維持するためにには、たんぱく質や、ミネラル、ビタミン類を積極的に摂取しましょう。

特に亜鉛鉄分ビタミンB12パントテン酸ビオチンなどは、不足すると欠乏症を引き起こし、白髪の原因となります。

年齢を重ねると栄養の吸収率も落ちてきますので、栄養を補うためにサプリメントを利用するのもおすすめです。

毛髪サプリ・白髪ケアサプリには、黒髪を育てるために必要な栄養素がバランスよく配合されています。これ一つあれば、何種類ものサプリメントを飲む必要がなく、とても便利。ぜひ一度試してみてください。

身体の内側から毛髪ケア!マイナチュレ・オールインワンサプリ

image

★不動の1位を継続中の人気サプリ!★

マイナチュレ無添加オールインワンサプリは、美しく艶のある健康的な黒髪の維持を目指して作られたサプリ。

毛髪・頭皮ケアの主な成分である、ケラチン、ミレット、メチオニン、天然タウリン、シスチン、ビオチン、ミネラルを含んでいます。さらに、植物酵素109種、ビタミン、コラーゲンやヒアルロン酸等の美肌成分をたっぷりと含み、頭皮に栄養を与えます。

通常価格6,523円

arrow_red

定期コースなら5,695円

送料無料

90粒/約1ヶ月分

まずは白髪の予防ケアから始めてみましょう!

白髪が増えてくると、白髪染めをいつ始めたらいいのか迷いますよね。

まだまだ白髪染めはしたくないと考えている人も多いのではないでしょうか?

そんな方は、ヘアカラートリートメントやヘアマスカラを利用するのも一つの方法。本格的な白髪染めは頭皮を傷めやすいので、できるだけ先延ばしにしたいところです。

白髪がどっと増える前に、予防ケアを行うことも大切。

食事や生活習慣、シャンプーなどを見直してみて、改善できる点があれば改善してみてください。忙しい方には、気軽に栄養が摂れるサプリメントもおすすめです。

白髪が増えてきてからでは改善は難しいので、早めに対策をとりましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

あなたが白髪を染めたくない理由って一体何ですか?

白髪が生えるメカニズムとは?白髪の原因と予防・改善方法

前髪が少ないと感じたら薄毛のサイン!自力で増やす方法は?

髪の薄さが目立たない!薄毛の女性に似合うおすすめの髪型6つ

炭酸シャンプーの効果とは?美容師直伝・自宅でできる炭酸ヘッドスパ方法

頭がムズムズ痒いのは白髪が生える前兆って本当!?原因と対処法

どちらがいい?市販の白髪染めとヘアカラートリートメントを徹底比較!

実例写真あり 金属アレルギーが円形脱毛症や白髪の原因となる恐れ

白髪を抜いたら増える?それとも禿げる?正しい白髪ケア方法は?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク