自然乾燥は髪が痛むってホント?正しい髪の毛の乾かし方とは?

image7

あなたは、正しい髪の毛の乾かし方をご存知ですか?

正しい乾かし方を実践するだけで、翌日の髪の状態が良くなったり、枝毛やパサつきの予防にもなります。また、乾かし方を工夫することで、寝癖が付きにくくなり、朝のスタイリングがとても楽になります。

髪のうねりや癖毛にお悩みの方、髪の艶がなくなったとお悩みの方もぜひトライしてみてください。きっと翌朝のブローが楽になるはず!

スポンサーリンク

自然乾燥はNG!髪の毛は完全に乾かし切ることが大切!

髪の毛は自然乾燥させた方が痛まないと思われがちですが、それは間違いです。髪の毛を濡れたままで放置させると、こんなトラブルが生じる恐れがあります。

髪のキューティクルがダメージを受ける

髪の毛は濡れているときが一番ダメージを受けやすいと言われています。

髪の毛を濡れたまま放置すると、髪表面のキューティクルが開いたまま絡み合い、枝毛や切れ毛、キューティクルの剥がれなどの髪の痛みの原因となります。

髪の毛は死んだ細胞でできていますので、一度ダメージを受けたキューティクルは後からどんなにケアしても改善しません。

皮膚常在菌が繁殖し、フケ症の原因に

頭皮が湿った状態が長時間続くと、頭皮の常在菌が異常繁殖し、フケ症や皮膚炎の原因となる恐れもあります。

また、髪の毛が湿った状態で寝てしまうと、枕は雑菌の温床に。頭皮のにおいが強くなったり、頭皮ニキビや炎症が発生することもあります。

髪の痛みを予防し、コンディションを保つ正しい髪の乾かし方とは

ドライヤーの温風を当てすぎると髪の毛は熱で痛んでしまいます。しかし、正しい乾かし方を実践することで、髪の毛をまとまりやすく綺麗な状態に保つことが可能なのです。

  1. しっかりとタオルドライする
  2. ヘアオイルを毛先に馴染ませる
  3. 髪の毛は根元から乾かす
  4. 流れに逆らって乾かす
  5. 斜め45℃からブローする
  6. 仕上げに冷風を当てる

しっかりとタオルドライする

image

髪の毛をタオルドライするときには、絶対にゴシゴシこすったり、乱暴に動かさないように気をつけてください。濡れた状態の髪の毛を乱暴に扱うと、摩擦でキューティクルが剥がれてしまうため、枝毛や切れ毛など髪の痛みの原因になります。

髪の毛をタオルで拭くときは、毛先をタオルで挟んでポンポンと叩き、タオルに水分を移すようにしてください。髪の根元も軽く叩きながらよく拭き取ってください。濡れた髪の毛同士を摩擦させないことが大切です。

ヘアオイルを毛先に馴染ませる

image

タオルドライが終わったら、ヘアオイルや椿油などを髪の毛の毛先に馴染ませておきましょう。洗い流さないタイプのトリートメントでも結構です。

ドライヤーの熱を直接髪の毛に当てると、髪の毛が過度に乾燥し、パサパサになってしまいます。オイルやトリートメント等で髪の表面を保護することにより、潤い成分が浸透し、髪の毛が痛みにくくなります。

髪の毛は根元から乾かす

髪の毛を乾かすときには、根元から乾燥させるのが基本です。指で髪の毛を立ち上げ、根元に温風を当てて乾かすようにしましょう。

毛先の方を先に乾かすと、オーバードライという状態になり、髪の水分が必要以上に失われてしまいます。毛先の方は湿っていても気にせず、根元だけを先にしっかりと乾かすようにしましょう。

温風を当てるときは、髪や頭皮が熱くなりすぎないようにドライヤーを20センチ以上離して乾かしましょう。温風が一ヶ所に当たり続けることのないように適度に動かすようにしてください。

髪の流れに逆らって乾かす

普段の髪の毛の流れとは逆方向に向かって乾かすと、髪の毛が根元から立ち上がりボリュームが出ます。

顔を下に向けて、髪の毛を後頭部の方から前に向けて持ち上げるようにして乾かしていきます。分け目を作っている場合は、分け目とは反対の方向に髪の毛を立ち上げてから乾かしていきましょう。

斜め45度からブローする

image

7〜8割ほど乾いてきたら、次は髪の流れに沿ってブローしていきます。髪の毛をブラシですくい、ドライヤーで上から下に向けて、斜め45度の角度で温風を当てます。

こうすることで、広がったキューティクルが下向きに閉じるため、髪の毛に艶が出ます。また、自然に毛先が内巻きになり、手触りもサラサラになります。

仕上げに冷風を当てる

髪が乾き切る前に、ドライヤーを冷風に切り替えましょう。ドライヤーの熱で髪の毛が乾燥しすぎるのを防ぐとともに、ヘアスタイルを綺麗に保ったまま固定する効果があります。

正しい髪の毛の乾かし方を実践すれば、髪の毛に天使の輪のような美しい艶が現れます。

丁寧なヘアケアが綺麗な髪を保つコツ!

ちょっと面倒そうに思えるかもしれませんが、毎日継続して丁寧なヘアケアを行うことが、結局は髪の毛を綺麗に維持することができる最も楽な方法だといえます。

入浴後は正しい髪の乾かし方をぜひ実践してみてください。朝のスタイリング時間が大幅に減ること間違いなしです。

髪・頭皮のエイジングケアのためのシャンプー ランキング

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

炭酸シャンプーの効果とは?美容師直伝・自宅でできる炭酸ヘッドスパ方法
頭皮ニキビができる原因とは?自力で早く治すための6つの習慣
髪がはげてきた!?女性に多い分け目ハゲの原因と対処法
頭皮のかさぶたが何ヶ月も治らない!自分で完治させる方法は?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク