髪のパサつき改善!さらさらヘアになれるお手軽ヘアパック7選

image

髪のパサつきって、なかなか改善しませんよね。

カラーリングやパーマを繰り返すと、髪の毛の水分が抜けてしまったり、キューティクルが壊れてしまいます。また、紫外線やプール・海水浴によっても、髪の毛が痛みやすくなります。

こういった髪の毛のパサつきを改善するために有効な方法はないのでしょうか?家でできる簡単なヘアケア方法があったらいいな、と思いませんか?

スポンサーリンク

家にある材料で、お手軽ヘアパックに挑戦!

すでに生えてしまった髪の毛の質感を変えることはできません。しかし、これ以上髪が痛まないように適切なケアをすることで、髪のコンディションを最適に保つことは可能です。

そこで、髪の毛を保湿するために有効な、今すぐ家にある材料でできるヘアパック法をご紹介します。

椿油パック

image

髪の毛は一度お湯ですすぎ、汚れを取り除いた後、タオルドライしておきます。

次に、大体大さじ1杯くらいの椿油を髪の毛に馴染ませます。頭皮には付けず、毛先の方に重点的に付けてください。そのまま5分ほど置き、髪に馴染んだら普段通りシャンプーを行ってください。

このケアは毎週行うことで、髪がしっとりと落ち着くようになります。

オリーブオイルパック

image

椿油が手元にない!という方は、オリーブオイルパックがオススメ。オリーブオイルには高酸化作用のあるビタミンEが含まれているため、アンチエイジングに有効であるといわれています。

方法はとても簡単。オリーブオイルを毛先に塗って、タオルで頭を包み、10分ほど置きます。そのあと、念入りにシャンプーをして、オイルを洗い流してください。パサついた髪の毛がしっとりしてくるのを感じるはず。

ほんのり暖めたオリーブオイルを頭皮に垂らし、優しくマッサージすると、頭皮の保湿にもおすすめ!湯船につかりながらやると、リラックスできてストレス解消にもなりそう。

ヨーグルトパック

image

カラーリングやパーマで水分が抜けてパサパサになってしまった髪の毛は、ヨーグルトパックでダメージ補修しましょう。乳酸菌により、髪や頭皮を健康に導き、乳脂肪がパサつく髪の毛に潤いを浸透させてくれます。

まず、お湯で髪をすすぎ、汚れを取り除きます。軽くタオルドライした髪の毛に、たっぷりとヨーグルトをのせて、頭皮ごとじっくり揉み込みます。

そのまま10分ほどおいてから、ヨーグルトをすすぎます。その後は、普段通りシャンプーとトリートメントを行ってください。

卵パック

image

卵には、髪の毛の主成分であるタンパク質、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれています。痛んでしまった髪の毛や、元気の無くなってしまったコシのない髪の毛に栄養を与えたいなら、卵パックをおすすめします。

まず、髪の毛をすすぎ、汚れ取り除きます。次に、良く泡立てた卵を髪全体に塗り、15分ほど置きます。その後、ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。お湯を使うと卵が固まってしまうので注意。

最後に、普段通りシャンプーをします。毎月定期的に続けることで、髪の毛を健康的に保つことができるので、ぜひやってみてください。

マヨネーズパック

卵パックよりもお手軽にできるのがマヨネーズパック。卵パックは少しめんどくさそう…というあなたにはぜひオススメ。

やり方は簡単。髪の毛をすすいで汚れを落とし、タオルで水分を拭き取ったら、髪の毛に適量のマヨネーズを馴染ませ、20分おくだけ。油分を含んでいるため、できるだけ頭皮には塗らないようにしましょう。

あとは、普段通りシャンプーで洗い流してください。ドライヤーで乾かすと、マヨネーズの油分が髪に馴染み、しっとりとした手触りに。においは気にしなくても大丈夫です。

ココナッツオイルパック

image

ビタミン・ミネラルが豊富に含まれ、抗酸化作用のあるラウリン酸が多く含まれるココナッツオイル。ここ数年日本でも人気が高まり、スーパーで簡単に手に入るようになりました。ぜひ、ココナッツオイルを日々の美容に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ココナッツオイルはそのまま使うと伸びが悪いので、温めたり、オリーブオイルと混ぜて使うのがおすすめ。ココナッツオイルは油ですが、頭皮に使用してもかまいません。髪の毛や頭皮に馴染ませ、ゆっくりと時間をかけてマッサージを行いましょう。

その後、蒸しタオルなどで頭を包み、20分ほどおきます。最後に、普段通りシャンプーで洗い流してください。

痛んだ髪の毛が驚くほどしっとりと蘇るのを実感できるはずです。このヘアパックは週1回ほど継続して行うことで、髪の健康を保ち、痛みを予防することができます。

蜂蜜パック

image

ビタミンB1、B2を豊富に含む蜂蜜。蜂蜜はそのままだと固さがあり、伸びにくいため、温めたオリーブオイルやヨーグルト、普段使いのトリートメント剤に混ぜて使うのがおすすめです。

髪と頭皮のために選びたい、おすすめのアミノ酸系・無添加・ノンシリコンシャンプー

髪・頭皮の症状別 シャンプーの選び方

こちらの記事もあわせてどうぞ。

ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなどの合成界面活性剤が頭皮に与える危険性
実例写真あり 金属アレルギーが円形脱毛症や白髪の原因となる恐れ
ジアミンアレルギーの症状と対策 白髪染めで髪のボリュームが減っていませんか?
FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク