朝シャンは禿げる!?朝のシャンプーが頭皮によくない5つの理由

image113

朝シャンをすると、睡眠中の汗や皮脂が洗い流せて、寝癖も綺麗になおすことができるので、朝からスッキリした気分になりますよね。

しかし、実は朝シャンが頭皮や髪の毛にとってあまり良くない習慣であるということをご存知でしたか?朝シャンには頭皮環境を悪化させかねないデメリットがあるのです。

スポンサーリンク

朝シャンが頭皮によくないと言われる5つの理由

朝シャンと夜シャン。ただシャンプーをする時間帯が違うだけなのに、朝シャンが頭皮に良くないとされるのは一体なぜなのでしょうか?

頭皮が乾燥する

朝シャンをする人の多くは、1日に朝と夜の2回洗髪を行っています。

髪を洗いすぎると頭皮の乾燥を招きます。朝と夜の2回シャンプーを行うことで、皮脂が過剰に取り除かれてしまい、頭皮の水分が蒸発してしまうのです。

頭皮の乾燥が進むと、それを補うためにより多くの皮脂が分泌されるようになります。すると、洗えば洗うほど皮脂の分泌が増え、頭皮はますます乾燥していくという悪循環に陥ってしまいます。

皮脂は、皮膚を外敵から守るために必要不可欠なものです。頭皮は身体の中でも最も皮脂分泌の多い部位の一つですが、これはデリケートな頭皮を守るためでもあります。

乾燥は老化を早めます。頭皮の乾燥が進むと、弾力がなくなり、皺やたるみが発生し、毛根もやせていきます。髪のために行っているつもりでも、朝シャンの習慣が頭皮の老化を早める恐れもあるのです。

フケ症の原因になる

髪の洗い過ぎは頭皮の乾燥を促進させるため、乾燥によるフケ症(乾性フケ)を発症するリスクが高まります。

夜は髪の毛を洗わず、朝だけシャンプーをするという人も注意が必要です。

髪の毛や頭皮は1日の間に溜まったホコリや皮脂で汚れています。髪を洗わずに寝ると、それを餌に雑菌が繁殖しやすくなるだけでなく、枕や布団も不潔な環境になります。すると、元々頭皮に存在する皮膚常在菌が皮脂を餌に異常繁殖し、ベトベトした塊状のフケ(脂性フケ)を発生させる恐れがあります。

さらに、皮膚常在菌の繁殖により、頭皮ニキビや脂漏性皮膚炎頭部白癬(しらくも)などの様々な頭皮の病気を引き起こす原因にもなります。

髪の毛は睡眠中に最も成長します。成長する時間帯に不潔な頭皮のまま放置するというのは、健康的な髪を育てる環境としては決して好ましいものではありません。

夜のうちにしっかりと髪を洗い、清潔な状態で布団に入って朝を迎えた方が、気持ち的にも衛生的にも良さそうです。

頭皮の抵抗力が弱まる

皮脂は頭皮を外敵から守り、保護するために必要なものです。皮脂のないむき出しの皮膚は外敵から侵入されやすく、様々な病気やトラブルを引き起こしやすくなります。

朝シャンプーをしてから時間をあけずに外出すると、皮脂分泌が不十分な状態の頭皮は、生身のままで外気や紫外線にさらされることになります。

紫外線は皮膚の老化を促進させる大きな原因の一つ。むき出しの頭皮が紫外線にさらされることで活性酸素が増加し、確実にダメージとなって蓄積されます。

また、皮脂分泌が不十分なままで外気にさらされることで乾燥が進んだり、炎症や吹き出物などの頭皮トラブルが生じやすくなります。

皮脂汚れが残りやすい

朝の忙しい時間帯に急いで髪を洗うと、どうしても洗い残しがあったり、毛穴の奥の汚れを十分に取りきれない場合があります。

残った皮脂汚れが蓄積すると、次第に固く変化して角栓になります。一般的には小鼻の周りなどにできやすい角栓ですが、皮脂分泌の多い頭皮にも詰まることがあります。

日常的に洗い残しがあることで頭皮の毛穴が開き、角栓が詰まりやすい体質になってしまう恐れもあります。

生乾きになる恐れ

朝に時間的な余裕がない場合、シャンプーの後にしっかりとドライヤーで乾かすことができず、生乾きのままになってしまう恐れがあります。

髪の毛を生乾きで放置すると、皮膚常在菌やにおい原因菌が繁殖し、頭皮トラブルの元になります。

また、髪の毛は濡れたまま絡み合うことで、キューティクルの剥がれや枝毛・切れ毛を引き起こし、最も痛みやすいとされています。

生乾きのまま外出して紫外線を浴びることで、髪の毛が過度に乾燥し、痛んでしまう恐れもあります。

美髪を維持したいなら、やっぱり夜シャンプーがオススメ!

朝にシャンプーをするか、夜にシャンプーをするか。小さな違いのように思えますが、頭皮環境にとっては大きな差が生じる可能性があることがお分かりいただけたでしょうか?

乾燥、紫外線、皮膚常在菌の繁殖などの点からも、夜にシャンプーをする方が頭皮へのダメージも少なく済みそうです。

朝シャンが直接的に薄毛につながるというわけではありませんが、朝シャンが原因で頭皮の老化が早まったり、頭皮環境が悪化することは十分にありえます。その結果、薄毛体質になってしまうという可能性もあるのです。

正しいヘアケアを実践して、年齢を重ねても健やかな頭皮を保ちたいですね。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

髪・頭皮の症状別 シャンプーの選び方

こちらの記事もあわせてどうぞ。

シャンプーの洗浄成分『界面活性剤』の種類・特徴・成分表示一覧
FAGA(女性男性型脱毛症)とは?症状と原因、治療法について
白髪を抜いたら増えるor禿げるって本当?正しい白髪ケア方法は?
髪の毛が細くなったら女性でも薄毛予備軍に!髪を太くする方法とは?

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク