枝毛・切れ毛の原因!パサパサに痛んだ髪の毛を改善するための方法とは?

image3

髪の毛は、人の印象を決定づけるポイントの一つ。

パサパサに乾燥して痛んだ髪の毛は、お手入れ不足で身だしなみに無頓着な印象を与えてしまいます。逆に、美しく手入れされた髪の毛は、丁寧で余裕のある生活を感じさせるものです。

どうせなら艶のあるしなやかで美しい髪の毛を手に入れたいですよね。

このページでは、髪の毛がパサパサに痛んでしまう原因と改善方法について解説します。

スポンサーリンク

髪の毛がパサパサになる原因とは

髪の毛は主にケラチンなどのたんぱく質で構成されていますが、これが何らかの原因で失われると髪はパサパサになり、強度が低下して枝毛や切れ毛などが発生しやすくなります。

髪の毛がパサパサに痛んでしまう原因には以下のものが挙げられます。

  • カラーリングやパーマによるダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • 洗浄力の強いシャンプーによる影響
  • 濡れた髪の摩擦
  • 塩素によるダメージ

カラーリングやパーマによるダメージ

カラーリングやパーマを施す際には強い薬剤を使用するため、 髪の痛みが激しくなります。特にダメージが激しいのはブリーチやストレートパーマであるともいわれており、繰り返すことで表面のキューティクルが失われ、髪の中の成分が溶け出し、スカスカの状態になってしまいます。

紫外線によるダメージ

紫外線は皮膚を老化させる一番の原因とも言われていますが、皮膚だけでなく髪の毛にもダメージを与えます。紫外線に長時間さらされると、髪の毛はパサパサに乾燥し、色が抜けやすくなります。

また、紫外線は細胞やDNAを破壊するため、頭皮の老化や毛母細胞の減少をもたらし、髪質の悪化や薄毛の原因になることもあります。メラニン色素を生成するメラノサイトが破壊されると、白髪の増加の原因にもなります。

洗浄力の強いシャンプーによる影響

市販のシャンプーの多くには、コストが安くて洗浄力の強い合成界面活性剤が配合されています。洗浄力が強いシャンプーを使い続けると、頭皮や髪の乾燥を促進し、老化を早める可能性があります。また、パサパサに痛んだ髪の毛に使用することでダメージがさらに進行する恐れがありますので、シャンプー選びには慎重に行う必要があります。

特に注意したいのが、ラウリル硫酸ナトリウムという成分です。ラウリル硫酸ナトリウムには泡立ちやすいというメリットがある反面、分子が小さいため皮膚に浸透しやすく、脱脂力や刺激が強いというデメリットがあります。

ラウリル硫酸ナトリウムよりも刺激が少ないラウレス硫酸ナトリウムという成分もありますが、依然として洗浄力や脱脂力が強く、刺激があるとされています。これらの界面活性剤が含まれたシャンプーには注意が必要です。

濡れた髪の摩擦

髪の毛を洗った後に放置すると、濡れた髪の毛が絡み合い、摩擦が発生します。すると、表面のキューティクルがはがれ、髪の中の成分が流れ出し、髪のパサつきの原因となってしまいます。濡れた状態の髪の毛はダメージが生じやすいため、洗髪後は早めにドライヤーで乾かすようにしましょう。

パサパサになった髪の毛を改善するための対策

image103

髪の毛は死んだ細胞でできているため、一度痛んでしまうと自己修復することはできません。髪の毛を綺麗に保つためには、できるだけ髪の毛にダメージを与えないように普段から正しいケアをしていくことが大切です。

一旦パサパサになってしまった髪の毛を元の状態に戻すことは不可能ですが、正しいヘアケアを行うことで髪の状態を美しく保つことは可能です。ここからは、パサパサになった髪の毛を改善する方法についてみていきましょう。

トリートメントやヘアパックをする

パサパサに乾燥した髪の毛をケアするための方法としては、トリートメントやヘアパック、ヘアマスクなどが挙げられます。

普段はシャンプーの後にコンディショナーを使っているという人も多いかもしれません。コンディショナーは髪の毛を外側からコーティングすることで、艶や滑らかさを保つ効果があります。しかし、一般的なコンディショナーには髪の内側まで浸透して補修する効果はないため、洗えば元の状態に戻ります。

これに対し、トリートメントやヘアマスクは、髪の内側に保湿成分を浸透させ、痛んだ髪の毛を補修するものです。トリートメント剤を使用する際には、頭皮に付着させないように注意しながら髪のダメージが気になる部分に馴染ませ、しばらく時間をおいてからすすぐようにしてください。

ヘアパックはキッチンにある材料で手作りすることも可能です。ココナッツオイルやヨーグルト、蜂蜜など添加物を含まない食品で作ることができるので安心です。詳しくは、髪のパサつき改善!さらさらヘアになれるお手軽ヘアパック7選をご参照ください。

紫外線のダメージを防ぐ

紫外線によるダメージは、生物を老化させる最も大きな原因の一つといわれています。そのため、頭皮や髪の紫外線対策をきちんと行っていく必要があります。外出時には帽子や日傘を利用したり、頭皮用の日焼け止めなどを使用するのもおすすめです。

どうする?夏の紫外線対策!老化を促進する波長や頭皮のUVケアとは

洗浄力の強すぎないシャンプーを選ぶ

パサパサに痛んでしまった髪の毛をケアするためには、水分や油分を奪いすぎないシャンプーを選ぶ必要があります。

市販されているシャンプーの多くには洗浄力の強い成分が含まれているため、ダメージヘアへの使用を続けることで乾燥を促進させてしまう恐れがあります。1度のシャンプーによる影響は小さいかもしれませんが、毎日使うことで髪や頭皮の状態に大きな差が生じます。

髪のためには洗浄力がソフトで脱脂力の弱いアミノ酸系のシャンプーを選ぶと良いでしょう。アミノ酸シャンプーは天然素材の洗浄成分が配合されているため、市販のシャンプーと比べるとやや高価ですが、使い続けることで髪の状態を整え、髪の表面に艶が出てきます。

髪・頭皮の症状別 シャンプーの選び方

カラーリングやパーマのダメージは最小限に

カラーリングやパーマを施す回数が増えると頭皮や髪に与えるダメージが大きくなり、髪の痛みも目立つようになります。そのため、できるだけカラーやパーマの持ちを良くして施術の回数を少なくする必要があります。

カラーやパーマの持ちが悪くなるのは、紫外線によるダメージやシャンプーの洗浄力などが原因です。髪の状態を維持するためにも、シャンプー選びやUVケア対策をしっかりと行うことが大切です。

髪の静電気を予防する

乾燥する季節になると、髪の毛には静電気が発生します。この静電気が髪の毛にダメージを与え、パサパサに痛んでまう原因となります。

静電気を防止するためには、ヘアオイルやトリートメントなどで髪の水分量を保つことが必要です。また、静電気が発生しにくい木製や豚毛などの天然素材のブラシを使用するのもおすすめです。

乾燥した髪と頭皮を保湿し、静電気を完璧に予防する方法5つ

できるだけ髪の毛を早く伸ばす方法

パサパサに痛んだ髪の毛を改善するためには、これから伸びてくる髪の毛を健康的に保ち、髪質を改善していくことも大切です。

しなやかでコシのある美しい髪の毛を育てるためには、毎日の食事が重要となります。髪の毛の材料となるたんぱく質、髪の毛を生成するために必要なミネラル、ビタミンなどをバランス良く摂取することで髪質の改善につながります。

髪にいい食べ物10選 美しく健康的な髪を育てるために必要な栄養成分とは?

さらに早く髪の毛を伸ばしたいなら、育毛剤の使用が効果的です。現在、様々な女性用育毛剤が販売されていますので、ご自身の体質に合ったものを選ぶと良いでしょう。厚生労働省に認定された『医薬部外品』の記載があるものを選ぶと安心です。

女性用育毛剤&育毛サプリ 人気ランキング

こちらの記事もあわせてどうぞ。

鉄分不足で髪が抜ける!鉄欠乏性貧血による女性の薄毛 原因と対策
パーマやカラーリングで痛んだ髪をサラサラにする方法
前髪や生え際にだけドッサリ白髪が増えてしまう原因と対処法
女性の薄毛、びまん性脱毛症の原因と対策・治療法について

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク