女性用育毛剤はどれが効く?どうやって選ぶべき?選び方のコツは?

image1

現在、女性用育毛剤の需要は非常に高まっており、様々な種類の女性用育毛剤が販売されています。

たくさん種類があるのはいいけれど、選択肢が増えすぎてなかなか選べないという方も多いのではないでしょうか?

  • どんな育毛剤を選んでよいのか分からない
  • 結局どれが一番効くの?
  • 失敗しない選び方は?
  • どの成分が薄毛や抜け毛に効くの?

こんな疑問を抱いている方に向けて、育毛剤を選ぶ際のちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性用育毛剤 選び方・使い方のコツ

育毛剤を選ぶ際には以下の点をチェックし、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

① 医薬部外品に指定されているか

育毛剤を選ぶ際には、医薬部外品に指定されているかどうかを必ずチェックしましょう。

医薬部外品は、薬事法で規定された医薬品と化粧品の中間に分類されるものです。厚生労働省が認定するため、品質・信頼性の面でも安心です。

② 無添加かどうか

刺激の強い成分が使われている育毛剤を使用した場合、頭皮に痒みやかぶれなどを引き起こし、逆効果になってしまう可能性も。

女性の頭皮はデリケートなので、まずは天然成分を使用した無添加の育毛剤を選ぶのがおすすめです。

また、お肌が弱い方、敏感肌・乾燥肌の方、アレルギーを起こしやすい方は、必ずアレルギーテスト済みのものを選ぶようにしましょう。

③ 保湿成分が含まれているか

女性用育毛剤には、一般的な男女兼用の育毛剤と比べて頭皮ケア成分や保湿成分が含まれているものが多いようです。

その理由としては、乾燥が頭皮の老化を招く原因の一つと考えられているためです。

いくら毛根に育毛成分を浸透させても、その土台となる頭皮が痩せていれば、健康的な髪の毛を育てることは難しいでしょう。頭皮をしっかり保湿することで、頭皮のエイジングケアと育毛ケアを同時に行うことが可能になります。

乾燥肌の方は保湿力に優れたものを、頭皮のベタつきが気になる方はさっぱりしたタイプものを選ぶと良いでしょう。

④ 成分のナノ化はされているか

育毛剤の中には成分のナノ化(超微粒子化)技術が使われているものがあります。

成分を1000分の1にまで超微粒子化することで、頭皮や毛穴からの浸透を高め、毛根や毛乳頭にしっかりと届きやすくなります。

成分がナノ化されているかどうかもチェックしておきたいポイントの一つと言えます。

⑤ においが気にならないか

育毛剤には、ほぼ無臭のものからやや強めの香りがあるものまで様々なものがあります。

苦手な香りのものは使い続けるのが難しいので、好きな香りのもの・においが気にならないものを選ぶようにしましょう。

においに敏感な方や妊娠中の方は、においの少ないものを選ぶと良いでしょう。

⑥ 返金保証制度があるか

どんなにすぐれた効果のある育毛剤でも、体質に合う人・合わない人がいます。体質に合わないものを無理に使い続けた場合、より症状が悪化してしまう可能性も。

でも、その育毛剤が本当に合うかどうかは、実際に使ってみなければわかりませんよね。

返金保証制度のある育毛剤を選べば、使用した後でも返金してもらうことが可能です。

また、返金保証制度があるということは、メーカーが育毛剤の品質に絶対の自信を持っていることのあらわれでもあります。

育毛剤を選ぶ際には、返金保証制度があるかどうかをチェックしておくと良いでしょう。

⑦ 最低でも半年は続けられるか

髪の毛が抜け落ちてから新しく生え変わるまでの期間は大体3ヶ月〜半年程度といわれています。そのため、最低でも半年は使い続けてから効果を判断する必要があります。

一つの育毛剤に決めたら、同じものを少なくとも半年間は継続するようにしてください。

育毛剤はすぐに効果が出るものではありませんので、お財布と相談しながら無理のない範囲で購入できるものを選びましょう。

育毛剤の口コミレビュー

どの育毛剤を選ぶか迷ったら、信頼の置けるレビューサイトなどの口コミ評価をチェックしてみるのも一つの方法。

当サイトでも、女性用育毛剤や男女兼用育毛剤などを実際に使用し、 育毛成分、使い心地、コスパなど様々な項目について詳細にレビュー評価を行なっています。

ぜひ育毛剤選びの参考にしてみてください。

女性の薄毛研究所では、女性の美容やヘアケアに役立つ情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク